新日本フィルハーモニー管弦楽団 特別演奏会
 第18回成人の日コンサート2007

2007.01.08
:
午後 3時開演

イザイ: 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第6番ホ短調op.27-6
『連獅子』~能「石橋」より
音楽物語『蝶々夫人』~プッチーニ: 歌劇『蝶々夫人』より

鍵冨弦太郎(Vn)
白獅子: 塩津哲生、赤獅子: 狩野了一, 大鼓: 亀井広忠 ほか
蝶々さん: 佐藤しのぶ(Sop), スズキ: 永井和子(M.Sop)
ピンカートン: 成田勝美(Ten), シャープレス: 福島明也(Bar)
語り: 小栗旬

指定: A席6,000円 B席5,000円 C席4,000円 学生2,000円(当日学生証提示)

新日本フィル・チケットボックス TEL: 03-5610-3815

【道義より】

満員でもあったし素晴らしく良い企画であった。ナレーターをした小栗旬さんは1982年に僕が始めて新日本フィルでコシファントッテを演出して指揮したコンサートオペラデビューのときに何から何までお世話になった舞台の専門家、小栗哲家さんの息子。昔バタフライの子ども役で出たそうだ。ただ歌手の顔を見ないでモニター画面を見てもらって後ろで一方的に指揮をする方法ははやはり正しくないと思う・・・。




OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団