OEK 第26回東京定期

2010.03.23
:
午後 7時開演

20100323.jpg
2010/03/23(火) 19:00開演(18:15開場)

東京: サントリーホール 大ホール

ヘンデル:合奏協奏曲第12番 ロ短調 op.6-12
タルティーニ:トランペット協奏曲 ニ長調/ルベン・シメオ[tp]
ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番 ハ短調 op.35/小曽根真[pf]
アウエルバッハ:フラジャイル・ソリテュード(弦楽四重奏とオーケストラのための)
グルダ:チェロとブラス・オーケストラのための協奏曲/ルドヴィート・カンタ[vc]

オーケストラアンサンブル金沢

S¥6,000 A¥5,000 B¥3,000 C¥2,000

カジモト・イープラス TEL: 0570-06-9960
石川県立音楽堂チケットボックス TEL: 076-232-8632

【道義より】

これらのシリーズのコンサートには真の天才が?人出演したのか...わからない。私はコンチェルトというのは今日のような意識でやられるべきと考える。「合わせもの」とかいう次元で「コンチェルトの夕べ」とかでオケが楽譜を見るだけで後ろに座り、指揮者も、合わせるだけ...みたいなのは直ぐにでもドンキホーテで安く買ったゴミ袋に入れて捨てるべきなのだ。小曽根さんのショスタコーヴィチは今すぐニューヨークでもベルリンでもウィーンでもミュンヘンでもロンドンでも演奏されねばならない。マネージャーは何をやっているのか?ツンボかメクラかフヌケか?アンサンブル金沢のヘンデル(コンサートミストレス、アビゲイルヤング)の最初の一撃と歌の旋律線は、目から古都金沢?裏日本?などのイメージとともに鱗どころか金の目玉が飛び落ちるショックな美音であったとは我が珠姫の感想。カンタさんはアンサンブル金沢の宝です。グルダも今日お客さんとして参加していたら、全裸になって狂喜乱舞だったでしょう。




OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団