京都会館開館50周年記念「第九」<記念式典・祝典コンサート>

2010.04.29
:
午後 1時30分開演

20100429.jpg
2010/04/29(木) 13:30開演

京都 : 京都会館 第1ホール

ベートーヴェン : 序曲「コリオラン」
ベートーヴェン : 交響曲第9番ニ短調「合唱付」op.125

菅英三子S 加納悦子A 米澤傑T 三原剛Br
合唱 京都会館50周年祝典第九合唱団

主催:京都市・財団法人京都市音楽芸術文化振興財団
協力:京響市民合唱団

全席指定 2,000円
※未就学児の入場はご遠慮ください。

京都会館 TEL: 075-771-6056

【道義より】

ホールの音響は変わらないがオケの実力が変わった。演奏的には300人の市民コーラスもよく頑張り、まごころのある第九であった。京都会館のホール音響の根本的な欠陥はもともとコンサートホールとして設計したものを他のジャンルの人々の要請で多目的にも使えるように、「とりあえず」とってつけたような幕をつけたり、偽のオケピットを作ったりしたことによるのだ。
今でも稼働率は良いようだが、ホールとは町の中で大事な場所にこそ建てられ、豊かな時間がが感じられる所でこそ力を持つのだ。50年充分役に立ってきたがこれからの京都の芸術のためになら京都駅近くか市役所の敷地など中心地に新しく建てられるべきであろう。兵庫や金沢の例を待つまでもなく人々の集う新しい多目的ホールは日常生活の重要部分と感じられる場所になければならない。




91HbufYtBvL._SL1500_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲全集 at 日比谷公会堂
「今はショスタコーヴィチは僕自身だ!」と語る井上道義が、2007年に成し遂げた大偉業が遂にパッケージとなりました。

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

91HbufYtBvL._SL1500_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲全集 at 日比谷公会堂

「今はショスタコーヴィチは僕自身だ!」と語る井上道義が、2007年に成し遂げた大...

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団