Schedule 2012.jun

2012.06.30
:
午後 2時47分開演

120624.jpgN響 埼玉会館公演
井上道義(指揮) オリヴィエ・シャルリエ(ヴァイオリン)

2012/06/24(日) 16:00開演(15:00開場) ※15:25~15:40 プレトーク

埼玉: 埼玉会館 大ホール

ベートーヴェン : ヴァイオリン協奏曲op.61/オリヴィエ・シャルリエ[vn]
ベートーヴェン : 交響曲第6番「田園」

S¥6,500(6,000) A¥5,500(5,000) B¥4,500(4,000) 学生B¥2,000
※(  )内の料金はメンバーズ価格

埼玉県芸術文化振興財団チケットセンター TEL.0570-064-939


オリヴィエは素晴らしい!余計な事をしない、ベートーベンに必要なことに集中する。お客さんにも思った通りにそれが伝わった。彼が来てくれたからこそこの企画は出来た。田園とヴァイオリンコンチェルト、実力を出し切るN響。
ダサイタマ?とんでもなかった。お客さんはいっぱいで暖かく熱狂的。ホール主催者も粘りがあり、建物も古いけど手も入って綺麗だし(少しカーペットがすり減っていても)帰りには近くの個性的な木々が並び大きな池のある別所沼公園をめでて、ウナギを食べて帰った。50年前は田園だったに違いない場所での忘れ難い1日。渋谷の自宅から首都高速で30分でつく便利さも付記。




120629.jpg航空中央音楽隊 航空中央音楽隊第51回定期演奏会

2012/06/29(金) 19:00開演(18:00開場)

東京: すみだトリフォニーホール 大ホール

<第1部>指揮/副隊長 3等空佐 中村芳文
行進曲「希望の空」・・・和田信(航空中央音楽隊)
 (2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲IV)
吹奏楽のための「俗祭」・・・和田薫
 (バンド維新2012より)
サクソフォーン協奏曲・・・アンリ・トマジ/独奏:1等空曹 高橋正樹

<第2部>客演指揮/井上道義
交響曲 全楽章・・・矢代秋雄/天野正道
 第1楽章 プレリュード:アダージョ
 第2楽章 スケルツォ:ヴィヴァーチェ
 第3楽章 レント
 第4楽章 アダージョ

[全席自由]無料(要入場券)
往復はがきでの応募。応募要領はホームページをご覧ください。
http://www.mod.go.jp/asdf/acb/

応募受付は終了しました(2012/6/13更新)

航空中央音楽隊 広報係 TEL.042-524-4131(内線:292)


良い経験をさせてもらった。航空自衛隊の吹奏楽団はやっぱり男が多く、気持ちがよかったし、比較的体力もありそうな精神的にも健康的な人が多いのが印象的だった。何より問題を人のせいにしないで自分の問題として行こうという姿勢がよかった。多少平壌の国立交響楽団の空気に似ていた。練習場はエアコンの修理中で死にそうに暑かったが誰も文句ひとつ言わない、僕も実はあれが好きだった。14,5の頃真夏に冷房もない部屋で6時間7時間とピアノの練習をしたころを思い出した。
矢代秋雄さんの若いころの作品、若さの象徴で多少書き込み過ぎで1回聴いただけでは入り込めない作品だが名曲・・・いや演奏によっては名曲になりえる作品であることは確かだ。
矢代さんは僕が15の時、僕のピアノソロのオーケストラ部分のピアノを弾いていただいた記憶が生々しい。恩返しが出来た。そうそう、基地の中に「シュークリームをどうぞ」と言う旗がなびいていたのが妙に記憶に残った。「軍隊」ではないな。



OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...