Schedule 2013.jun

2013.06.30
:
午後 7時16分開演

■井上道義のトークショー「ブルックナーってどんな作曲家!?」
<「いざ、鎌倉への道」プレ・イベント>

2013/06/01(土) 14:00~15:30予定(13:30開場)

神奈川: 鎌倉芸術館 3階 集会室

応募詳細はこちら

共/柴田克彦(音楽評論家)

※応募期間:3/9~5/7
無 料(要申込100名・応募多数時抽選)

鎌倉芸術館チケットセンター TEL.0120-1192-40


100人もし来たらすごいけれどその半分はいらっしゃいました。和服の妙齢の女性が二人いて不思議・・・鎌倉だなあと感じた次第。京都でもブルックナートークに和服女性はいない!!それと、男性もみんな個性ある顔の人が多くてついつい話に身が入ってしまった。なるべき自分の話はしないつもりだったが、まだ人間ができていないと痛感。「ブルックナーと私」という視点でしかこの年になっても話せない・・・・。柴田さんとは話しやすかった。またやりましょうよ。





♪6月後半,井上は"シューベルトのスニーカー"で休暇を満喫♪それと、このところずっと嫌悪と疑問のまま25年前に亡くなった父親へのオマージュをもとにした舞台作品の作曲中でした。作曲は素人だから進捗が遅く、気が狂いそう。

130627_1.jpg 130627_2.jpg




OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団