大阪フィル 兵庫県立芸術文化センター特別演奏会「大ブルックナー展」Vol.2

2015.06.27
兵庫県:兵庫県立文化センター KOBELCO大ホール
午後 3時開演(午後 2時15分開場)

CIVJ9vsUAAAk4IS.jpg

モーツァルト : ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488
ブルックナー : 交響曲第7番 ホ長調

チケット: A席:5,000円 B~D席:完売
演奏会お問い合わせ先: 大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
兵庫県立芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255

【道義より】

僕は30年前からオーケストラの音色(と個性)は指揮者が作るのでもなくオケのメンバーが作るのでもなく、ホールそのものが作ると言い張っていたが、この兵庫県芸術文化センターでのブルックナーはその持論を裏付けた。
少ない練習で臨んだブルックナー7番だったが、以前の京響、新日、N響を越える演奏になった感触で(これはたぶん僕自身のいろんな経験の成果?せいか?も)ずっと続いたコンサートの最後に僕は朝早く目覚め少年のようにドキドキしながらゲネプロに臨み、本番は一杯のお客さんに天に昇ってもらった。20代のころからチェリビダケの強い影響があるこの曲もやっとその呪縛から逃れ得たと感じている。今回は弦楽器も十分に演奏力の集中があり、管楽器はどれぞれの持つ心の豊かさを具現していた。コンサートマスターのチェー君の情熱とテクニックなしには昨日のような演奏は出来ない。
終わって大フィルのOBとちょっと宴を持った。
家に帰ったらアヒルが老衰で(道義ではなく)フラフラであるという現実が待っていた。僕の代三回目に当たるアヒル飼育の歴史でも一番の長生きの「マヒル」君は今10歳位。食べられるために改造されてきた動物で寿命がはっきりしないがピーターと狼への何回かの大舞台出演とテレビ出演、毎日庭の外から愛でる子供たちからの声に囲まれ、ちょうどよいサイズの小さなプールでの遊泳等、こんなに幸福なアヒルの一生もなかっただろう。彼は若い頃つがいであった雌のヨナカに毎日サディステックに挑み、2年から3年間は毎日孕ませ、卵を産ませ(早朝カラスに食べられるので僕もずいぶん早起きして朝食に食べました)ヨナカ亡き後、今も皆を和ませてくれています。真昼の決闘?女の一生?そろそろ幕引きのようだ。




OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団