モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」~庭師は見た!~新演出

2015.06.17
ミューザ川崎シンフォニーホール
午後 6時30分開演

全国共同制作プロジェクト(全4幕・字幕付 原語&一部日本語上演)

指揮・総監督 : 井上道義
演出 : 野田秀樹
副指揮 : 佐藤正浩

アルマヴィーヴァ伯爵 : ナターレ・デ・カロリス
伯爵夫人 : テオドラ・ゲオルギュー
スザ女(スザンナ) : 小林沙羅
フィガ郎(フィガロ) : 大山大輔
ケルビーノ : マルテン・エンゲルチェズ
マルチェ里奈(マルチェリーナ) : 森山京子
バルト郎(ドン・バルトロ) : 森雅史(5・6月公演)、妻屋秀和(10・11月公演)
走り男(バジリオ) : 牧川修一
狂っちゃ男(クルツィオ) : 三浦大喜
バルバ里奈(バルバリーナ) : コロン・えりか
庭師アントニ男(アントニオ) : 廣川三憲

新国立劇場合唱団
金沢フィガロ・クワイヤー/オーケストラ・アンサンブル金沢(5月石川公演)
フェスティバルホール フィガロ クワイア/オーケストラ・アンサンブル金沢(5月大阪公演)
兵庫芸術文化センター管弦楽団(6月6,7日兵庫、10日香川公演)
東京交響楽団(6月17日神奈川公演)
読売日本交響楽団(10月24,25日東京公演)
山形オペラ協会合唱団/山形交響楽団(10月29日山形、11月1日宮城公演)
宮崎県立芸術劇場コーラスアンサンブル/九州交響楽団(11月8日宮崎公演)


声楽アンサンブル :
佐藤泰子、宮田早苗、西本会里、増田 弓、新後閑大介、平本英一、千葉裕一、東 玄彦
演劇アンサンブル :
河内大和(5・6月公演)、川原田 樹、菊沢将憲、近藤彩香、佐々木富貴子
佐藤悠玄(10・11月公演)、下司尚実、永田恵実、野口卓磨
チェンバロ、コレペティトゥール : 服部容子

チケット: S¥12,000(10,800) A¥9,000(8,100) B¥6,000(5,400) C¥4,000(3,600) *( )内は友の会料金
演奏会お問い合わせ先: ミューザ川崎シンフォニーホール:044-520-0200

【道義より】

金沢の初日のときの記者会見で、感無量という言葉を使ったが...昨夜、前半の最後がミューザ川崎で終わっての感想は、「つかれた」です。憑かれていた?のかも。自分で言いだしたことだから文句は言わない。思えば16才のころその時代は原付自転車は16才で乗れたが、世田谷の端に住んでいた僕は、あちこち(ヘルメットもなしに)走り回っていた。その頃川崎は工場ばかりで、住みたくない場所の筆頭だった。羽田に降りる飛行機から見えるその周辺はばい煙とスモッグで、茶色くきっと今の北京より酷かったのではないか?そこで「モーツアルトのオペラ」がソールドアウト!これこそ50年と言う年月!感無量、雨だったけれど、
青空日本晴れ
外人ソリスト3人は40日間島流しホテル生活、旅芸人。文句タラタラも言うだろう、ご苦労様でした。

この時代超越、文化超越、地域超越企画、なにはともあれ成功を続けている。
佐藤正浩はじめ、音楽スタッフ、歌ったのか演技したのか記憶が定かでないというキャストの皆も、演劇中心道義夢企画に良く耐えてくれました。(ほんとは面白がっていただろうし、大いに勉強に?なっただろうが)おじいさんは2日休んでアンカナと大フィルだ。


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...