第15回北陸新人登竜門コンサート《管・打楽器、声楽部門》

2016.05.15

午後 3時開演

20160429123615-0007-e1461901128980-724x1024.jpg

ヴェルディ:歌劇 「椿姫」1幕への前奏曲
ヴェルディ : 歌劇「エルナーニ」より エルナーニ、私を奪って逃げて下さい
ヴェルディ : 歌劇「ドン・カルロ」より 世の虚しさを知る神/ 中宮永莉香[Sop]
イベール : アルト・サクソフォンと11の楽器のための室内小協奏曲 / 小川卓朗[Sax]
休憩
メンデルスゾーン:フィンガルの洞窟 
ラバンサー : ティンパニ協奏曲「OBI」/ 伊藤拓也[Timp]

オーケストラ・アンサンブル金沢

主催 公益財団法人石川県音楽文化振興事業団、石川県立音楽堂
共催 一般財団法人石川県芸術文化協会
後援 北國新聞社

チケット: 全席自由 一般¥1,000- 高校生以下¥500-
演奏会お問い合わせ先: 石川県立音楽堂チケットボックス 076-232-8632

【道義より】

このようなラッキーな門出を経験できる新人!?はどれだけいるのだろうか?
アンカナの楽員はひどく面倒でキリモミ状態になりそうな音型が詰まっているイベールのサクソフォーンコンチェルトも、
海のものとか山のものともわからないどこかのティンパニーコンチェルトも、
真っ赤で日本でしかお目にかかれないまるで宝塚のドレスを着てきたソプラノのとっても
努力しているがどうしても音程には問題が出てきてしまうヴェルディーの名曲も、新しい気持ちで付き合っている。
若い彼らに自分の「あの頃」を投影している...そんな年になってきたようだ。
そしてその関係を(当然ながらホールいっぱいでない)お客さんも心から祝福していたと思う。

合間には得意のフィンガルの洞窟、ヴェルディー椿姫1幕への前奏曲などで、OEK色をお客さんは充分触れたと思う。

このような時が、時々と言わず、満ちている駅前の音楽堂は、観光客でいっぱいになって
食べる場所にも困る「今の金沢」を過去の遺産によりかからない、大都市にはない、
豊かな生活をいつまでも表現できる場として地道に、しかし輝かしく保ち、続けていってほしい。


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...