ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭(フランス)

2016.08.04
フロラン城公演野外音楽堂
午後 9時開演

武満徹 : ノスタルジア
モーツァルト : 交響曲 第35番 ニ長調 K. 385「ハフナー」
モーツァルト : ピアノ協奏曲 第14番 変ホ長調 K. 449
モーツァルト : ピアノ協奏曲 第23番 イ長調 K. 488

主催 ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭協会
助成 平成28年度文化庁国際芸術交流支援事業文化庁
ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭

チケット: CAT1€55- CAT2€43- CAT3€32-

【道義より】

アビゲイルとの武満、ノスタルジアで始まったコンサートは、あんなドラマが待っているとは、誰も予想しなかった。
?記憶?に残る日になった。ラーンキとのコンサートは素晴らしかったが、なんと最後のハフナーの2楽章で突然の雨。
それもかなりの激しさをもって!
僕はさすがに立ちかける(ビニールのレインコートが全員分用意されている)お客さんの動きを背後に、楽員さんのまなこに
感じながら、3楽章へ・・・まあ日本だったら「はいっ!ここで中止、さいなら!ごめんね」みたいなとき・・・・テヘヘ
手をぐぐるぐるやって「スピードアップするから!」とアマデウスのプレストをプレスティッシモで演奏!!OEKもみんな
オリンピック並みなチャレンジ精神。終わったら爆発的な拍手と足踏みの嵐。
でもさっそく楽屋に退散したが(舞台には水しぶき一つ来ない!すばらしい設計)お客さんの残った半分(もの好きねえ)
はみな、舞台わきに立ったまま前進守備拍手三倍!手から水しぶき?
早速みんなで武満のワルツ!この曲は練習しないで良い十八番中の十八番。
徹さん・・・・が雨となって降りそそいだ日でした。文字通りノスタルジーの一ページ。
これでツアーは終わりました。そして雨も少しして上がりました。2016年夏。


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...