九響 第359回定期演奏会

2017.06.22
アクロス福岡シンフォニーホール
午後 7時開演

170622.jpg

--
【評】朝日新聞2017/07/11 九州版 [PDF]
九州交響楽団 第359回定期演奏会 祭りの熱気 奏でたラプソディー

--

井上道義入魂!ラプソディ、ラプソディ、ラプソディ!

シャブリエ : 狂詩曲「スペイン」
ドビュッシー : アルト・サクソフォンと管弦楽のための狂詩曲/上野耕平[Sax]
リスト : ハンガリー狂詩曲第2番 ニ短調
エネスコ : ルーマニア狂詩曲第1番 イ長調 作品11-1
伊福部昭 : 日本狂詩曲
外山雄三 : 管弦楽のためのラプソディー

九州交響楽団

チケット: S席¥5,200 A席¥4,200 B席¥3,100 学生席¥1,100
演奏会お問い合わせ先: 九響チケットサービス TEL:092-823-0101

【道義より】

確かにこのようなプログラムで定期演奏会、、、は伝統破りかもしれない。しかし、
もうすぐ山笠祭りの博多において、オーケストラで、「芸術は日常と隣り合わせ
であって非日常ではない」と言う思想を持つ道義が指揮するには恰好の
プログラムだった。
但しやる方には、それぞれのお国ぶりを表す作品への理解ある演奏態度が求められ、
「参加型お祭り」に良くある、互いを許し合う緩んだ感触は絶対避けたかった。
外山雄三のラプソディーのフルートソロ大村友希樹さん、伊福部昭の夜曲の
ヴィオラソロ菅沼準二さんと人も得て、鄙びた味が良かった。
若い上野耕平君のサックスは今回、作品の構造が身に着いた、水も漏らさぬ
素晴らしい出来であった。
僕は喉がかれるほど話を挟んだ。30代の頃は口下手で、顰蹙を買う話しか出来
なかったが、まあ70にもなるとみなさん安心なようだ。

九響と言う存在は、外から見ると、九州全体をカバーする楽団と感じるが、どうも、
歴史の重層の中の(つまらない)現実のお陰で、実際は「福岡交響楽団」であるようだ。
博多響と言うわけにはいかないのだろうが・・・・。でも、私は逆を見たい。
九州には大分、宮崎、霧島と素晴らしい音楽祭に恵まれているし、九響にもっと
責任を持たせ真に旧い歴史ある「邪馬台国響」のイメージで、例えば
ニュージーランド交響楽団が国の中4か所の定期演奏会を飛行機で回るように、
九州全土を回り続ける、7つの県全体による経営基盤の広い、
すなわち給料の良いオーケストラにしないのだろうか?
そうならないなら・・・・福響に!・・・・待てよ・・俺の名は井上道義、
でもどう見てもミッキー井上・・・・・名前より内実の問題だな。




91HbufYtBvL._SL1500_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲全集 at 日比谷公会堂
「今はショスタコーヴィチは僕自身だ!」と語る井上道義が、2007年に成し遂げた大偉業が遂にパッケージとなりました。

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

91HbufYtBvL._SL1500_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲全集 at 日比谷公会堂

「今はショスタコーヴィチは僕自身だ!」と語る井上道義が、2007年に成し遂げた大...

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団