大阪フィル 京都特別公演

2017.10.28
京都コンサートホール 大ホール
午後 3時開演(午後 2時開場)

171028.jpg

ラヴェル : スペイン狂詩曲
ロドリーゴ : アンダルシア協奏曲(4本のギターとオーケストラのための)
 /ギター:荘村清志、鈴木大介、大萩康司、村治奏一
ムソルグスキー=ラヴェル : 組曲「展覧会の絵」

チケット: 一般 S席5,000円 A席4,000円 B席3,000円
学生券(25歳以下※要証明)  S席2,500円 A席2,000円 B席1,500円
演奏会お問い合わせ先: 大阪フィル・チケットセンター TEL:06-6656-4890

【道義より】

アンダルシアという我々には呪縛的な異世界の響きのある地方への憧れは、紅い大地、
アフリカではない北アフリカ的なドライな気候のヨーロッパという、不思議な感触を
深く思う。
作曲家ロドリーゴが実はギターは全然弾けないことを今回発見して、僕は驚愕した!
この4人のギタリストの作品を演奏するのは2度目だが何だかギターソリストたちが、
特に速い楽章でもうひとつ冴え無い理由がどうやらそこにあると知って
「合点が行った」!!ハハハ、アランフェスの呪縛か!目の見えない作曲家という
イメージへの呪縛か!!フフフ。
おかげでこの作品はこれから少し演奏に都合の良いように、禁欲的にも多少手を加えて
演奏されていくように願う。今回もそうであったように。
アイディアは素晴らしい作品なのだから、、、ロドリーゴを助けよう。
ラベルのスペイン狂詩曲はわが師チェリビダケの呪縛がある作品だが、さすがに道義
そこからは抜けたと思う。
休憩後の展覧会の絵のさらなる良い演奏をするためには、練習場と京都コンサート
ホールだけでなく、大阪フェスティバルホール等との響きと違いが余りに大きく
苦しい。

練習場に吸音カーテンつけてください。
大フィルを愛するどなたか寄付していただけないか?3年間願い続けた!
500万で出来ます。一時は僕が出そうと思ったが・・・・。




OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団