大阪フィル≪平日午後の名曲セレクション≫マチネ・シンフォニーVol.18

2017.11.06
大阪府 : ザ・シンフォニーホール
午後 2時開演(午後 1時開場)

170614.jpg

ブラームス : ハイドンの主題による変奏曲 Op.56a
メンデルスゾーン : ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64/山根一仁[Vn]
ブラームス : 交響曲第2番 ニ長調Op.73

大阪フィルハーモニー交響楽団

チケット: Vol.17・18 2公演セット券:A席6,000円 B席4,000円
Vol.18 1回券:A席4,000円(3,600円) B席3,000円(2,700円)
※未就学児入場不可
※(  )内の料金は大阪フィル・会員価格
演奏会お問い合わせ先: 大阪フィル・チケットセンター TEL:06-6656-4890

【道義より】

山根君大成長!素晴しいメンデルスゾーン。
道義の48歳下だが気が合う。でも俺もあそこまで細くはなかった。
三浦一馬より細い。毎日腕立て伏せを30回3年ぐらいやらないと!


お客さんが入るようになったマッチョネーコンサート、間違えた、
マチネーコンサート、秋晴れだった。
ブラームスのハイドンバリエーションは、
良い演奏になりにくい作品。ピアノソロのような印象の世界。
どうだったんだろう、月曜日の午後のお客さんにとって・・・・。
交響曲も含めて大フィルは最近集中力が増した。こういう作品が常に
演奏会に乗せられれば、そうなるのは目に見えている。N響のそれは、
そのように生まれたと思われる。良い給料のせいだけではない。
大フィル練習場に音響コントロール用カーテン、希望、希望、希望。
明日は高知!嬉しい。




OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団