平成29年度「大阪文化祭賞」受賞

2018.03.12

年間を通じて(1月から12月まで)大阪府下で行われたすべての公演の中から、特に優れたものを顕彰する「大阪文化祭賞」の第三部門(洋舞・洋楽)を受賞しました!

●井上道義指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
大阪フィルハーモニー交響楽団第505回定期演奏会における演奏及びバーンスタイン「ミサ」の舞台成果

≪受賞理由≫
井上道義が指揮する大阪フィルハーモニー交響楽団は、対照的な 2 つの公演で極めて高い成果を収めた。大阪フィルの第 505 回定期演奏会(2 月 17 日と 18 日・フェスティバルホール)は、井上道義が首席指揮者在任中に務めた最後の定期演奏会。ショスタコーヴィチの交響曲の中でも、問題作とされる《第 11 番 「1905 年」》と《第 12 番「1917 年」》が一挙に取り上げられた。演奏は極めて充実したもので、緊張感にあふれ、壮絶な響きの応酬に打ちのめされた。また、「第55 回大阪国際フェスティバル 2017」の公演として開催された《バーンスタインシアターピース「ミサ」》(7 月 14 日と 15 日・フェスティバルホール)は、井上道義が指揮だけでなく、演出と字幕訳を手がけ、総監督として全精力を注いで制作された。作品の不整合性をあえて整えることなく、そのままの形で提示し、バーンスタインが込めた葛藤をストレートに描き出した。

大阪文化祭賞 http://www.osaka-bunka.jp/bunkasai.html
大阪市/大阪文化祭賞 http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000428041.html


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...