台湾国家交響楽団(NSO) マスターピースシリーズ 3
ショスタコーヴィチ 第一

2018.04.14
國家音樂廳(台北市)
午後 7時30分開演

wy3eivs6CU.jpg

芥川也寸志: 交響管弦楽のための音楽
ロドリーゴ: アランフェス協奏曲 /グザヴィエ・ドゥ・メストレ[Hp]
ショスタコーヴィチ: ロシアとキルギスの主題による序曲 Op.115
ショスタコーヴィチ:交響曲第1番

http://npac-nso.org/zh/concerts/doc-erw22h9oce

チケット: 400 700 1000 1200 1500(台湾ドル)

【道義より】

このプログラムで、普通人が良く知っているのはアランフェス。
それなのにソリストはハーピストというネジくれた道義プロ。
クサビエ メストレさんはウィーンフィルに所属していたフランス生まれ
の名手。本番は素晴らしい緊張感と柔軟な音楽性で台北のお客さんは
物凄い歓声での大成功。
でもそれに至る道は、彼もフランスのストライキによる旅程の変更と
12時間以上の旅での時差の中での初練習、またオケも殆どこの曲の
記憶がない様で(ホールが大きくギターには向いていないだろう)
練習に手間取り、ゲネプロは2回通した結果かな。
当然ほかの曲は台湾という風土には向かないショスタコーヴィチ、
それとキルギス~と1番という彼らにはお初の曲。大変だった。
コンサートは千葉少年少女オーケストラで何度もやった芥川さんの
わかりやすい名曲で開けた。
以前、マーラー7番とシュトラウスのドンキホーテなどやったのも、
何と10年以上前だった。香港フィルハーモニーみたいに大発展して
いるかと期待していったが、そうは問屋が卸さなかった。
しかし、香港フィルのマネージャーになっている梶本事務所やOEKの
事務所にて働いていた朋友ケニーチェンさんがわざわざ聞きに来てくれて
本当に嬉しく楽しく過としたよう!
コンサートの後台南にある八田ダムを見学に行った。すばらしい新幹線、
こちらの方の開発は香港並みだった。フランス方式と日本方式の合体かな。
駅には回転寿司屋があったり、生き生きとした駅。
ところで、
金沢出身、八田與一氏は戦前、台南の広い平野に安定的な水を供給できる
当時東洋一のダムを作った責任者で、今でも台湾では西郷隆盛並みに慕われている。
その美しい妻、トヨキさんは8人の子供を産み育てたが、
ダム完成後與一さんは乗っていた船が米軍の攻撃で沈み、亡くなった。
その後数年たって、日本敗戦の後、外代樹さんは帰国を拒み、そのダムに投身自殺した。
子供たちも元気だったのに何故なのか???大変不可思議で腑に落ちない。
今、その出来事を題材に新作能を作って弔おうという計画がある。
惧れ乍ら・・・・・完成を楽しみにしている。





OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...