ラ・フォル・ジュルネ・オ・シャポン2018 [公演番号:M342]

2018.05.05
東京国際フォーラム ホールC:ナボコフ
午後12時15分開演

伊福部昭:日本狂詩曲
伊福部昭:ヴァイオリンと管弦楽のための協奏風狂詩曲 / 山根一仁[Vn]

新日本フィルハーモニー交響楽団

https://www.lfj.jp/lfj_2018/performance/timetable/detail/M342_modal.html

チケット: S¥3,000 A¥2,500 3歳以上入場可

【道義より】

久しぶりの新日調が出たかな?いえいえお祭り音楽ばかりが良いわけではないですが。
明るい衒いのない態度が気持ちよかった。伊福部19歳の時の作品!!
お客さんと乗りに乗ったぜい!!!武満とかと対極にあるジャパニーズミュージック!
こういうのをオリンピックでどんどこ使ってほしい!!!!
全く練習の時間の足りないこの音楽祭(オーケストラというものの練習とソリスト、
室内楽団とは根本的に違うから、ルネマルタンアイディアの方法は素晴らしいが、
実は2年先のプログラムを作ってくれないと、お客さんもオーケストラも納得
いかないかな?)その基本条件をぶち破る、一種の野蛮な音楽愛が出たには出た。


一昨日のヒンデミットはその点先を見据えた計画が上手く出来て良い演奏で、
あのヒンデミットと言うなじみのない作品を子供でも楽しめるところまで
準備できていたのだ。

とは言え・・・このところの山根君のバイオリンはこの後20~30年先
に郷古、三浦、達と共に、真に人々の宝となる演奏者になる希望を感じている。
女流でなく!
そうそう、女流と言えば楽屋で前橋汀子さんに遭遇、今でも清新な演奏を
続けてられる!素晴らしい!魅力的だし。秘密だけれど年上だ!


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...