ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭 民族のハーモニー

2007.05.03
東京: 東京国際フォーラム
午後 2時30分開演

14:30-15:30【Hall A】
小曽根真(ピアノ)
東京都交響楽団
ガーシュウィン:へ調のピアノ協奏曲
ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
公演番号:213/チケット料金:指定席 S席3,000円 A席2,000円

19:15-20:00【Hall A】
小山実稚恵(ピアノ)
ウラル・フィルハーモニー管弦楽団
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 作品30
公演番号:215/チケット料金:指定席 S席2,500円 A席2,000円

演奏会お問い合わせ先: 東京国際フォーラム TEL: 03-5221-9100

【道義より】

今年のフォルジュルネは20万人が切符を買った。こうなると思うようにコンサートが選べないからフォルジュルネを東京でやるデメリットがでてくる。すべて神のツクリタモウタモノには悪魔が付きまとう。
僕は2人の真の芸術家の伴奏で脳味噌と感性をフルに使った。生きてる感覚、爆発だ。井上道義自身の主観的名演奏の10指に入るすばらしい音楽が出来上がった。これからも絶対にフルに毎回のコンサートを生かして生きるぞ。人生がどうあれ環境がどうあれ。


91VgvCQM9tL._AC_SX679_.jpg

ショスタコーヴィチ交響曲全集 at 日比谷公会堂
「今はショスタコーヴィチは僕自身だ! 」と語る井上道義2007年に成し遂げた「ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏会at日比谷公会堂」。 日本人指揮者唯一の偉業となる一大プロジェクトをぜひお聴き下さい。

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...