オーケストラ・アンサンブル金沢 カウントダウン・コンサート2007-2008

2007.12.31
石川県立音楽堂コンサートホール
午後 9時30分開演(午後 8時開場)

2007/12/31(月) 21:30開演(20:00開場)
2008/1/1(祝)0:30終演予定

監修:池辺晋一郎(石川県立音楽堂洋楽監督)
指揮:井上道義
特別ゲスト:田中美里

出演:森 麻季(ソプラノ)
   アレクサンドル・バデア(テノール)
   安藤常光(バリトン)
   木村綾子(ソプラノ)
   宮谷理香(ピアノ)
   ニコラ・ドートリクール(ヴァイオリン)
   黒瀬 恵(オルガン)
   藤間 寿(日本舞踊)
   金沢芸妓の舞/西芸妓衆
司会:安藤常光、宮谷理香
管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢(特別大編成)

チケット: S指定:10,000円 A指定:8,000円 B自由:6,000円(軽食・飲み物付)
演奏会お問い合わせ先: 石川県立音楽堂チケットボックス(076-232-8632)

【道義より】

初めて金沢版ジルベスターをやってみた。やるならなるべく面白く良くするようにがんばったが・・・すごかった。面白い事はわかりますがいくらなんでも長すぎませんか?3時間半は・・・。しかし、森マキ「千の風になって」は絶品だ。世の中間違っている!!全ての日本語が聞こえ、透明な声で文字通り心を打つ歌に聞こえるのに・・・・


91VgvCQM9tL._AC_SX679_.jpg

ショスタコーヴィチ交響曲全集 at 日比谷公会堂
「今はショスタコーヴィチは僕自身だ! 」と語る井上道義2007年に成し遂げた「ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏会at日比谷公会堂」。 日本人指揮者唯一の偉業となる一大プロジェクトをぜひお聴き下さい。

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...