兵庫PAC 第132回定期演奏会〈道義のオール・プロコフィエフ〉

2022.04.17
兵庫県 : 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
午後 3時開演(午後 2時15分開場)

220415-17.jpg

プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 op.19/服部百音[vn]
プロコフィエフ:交響曲 第7番 嬰ハ短調 op.131

兵庫芸術文化センター管弦楽団
[フライヤーPDF]

チケット: A 4,000円 B 3,000円 C 2,000円 D 1,000円(全席指定/税込)
演奏会お問い合わせ先: 芸術文化センターチケットオフィス : TEL 0798-68-0255

【道義より】


時は止められない?でも止めてみたい?
この日のバイオリンコンチェルト一楽章途中で服部モネのE線が、盛大な音と共に
切れた。いつぞやショスタコーヴィッチのカデンツァの後で肩当が落っこちた事故を
思い出す間もなく、指揮の道義は「まだ一楽章前半・・やり直そう」と思った時には、
モネはもうコンマスの豊島君の楽器をひったくっていた。
「そうか‼それも良し!」と続けて行った。僕はそれでもやけに冷静で(ジジイ?)
見るからに大きすぎる豊島の楽器で彼女が崩壊したらすぐに止めようと音楽を続け
ていた。顎当てのない楽器を体をひん曲げながら突き進むヤンチャ娘・・・
楽章終わりまで完走。その後自分の楽器が戻り練習と変わらずマジカルなこの
作品を弾き終えてしまった。「人生一途、音楽をとめないぜ!」と言わんばかり。
良いな!!。

その後、道義は彼女からいつもアンコールは一人なんで寂しいから...と言われて
決めた三つのオレンジへの恋から「マーチ」を楽しく演奏。それでもお客さんは
「大声をだすな!」指示に素直に従い浮世の皆様、素直な受け身人生・・・・
甲子園ではヤンやヤンやなのに。
(ここからの文3日目)
ちなみにパックのオケは一度も陽性者が出ていない。(一回ガセネタがあっただけ)
立派な青年たち!なのだ。今回殆どのメンバーはマスク無しで本番に臨んだ。
(もちろんこれは自由選択ですからマスクしたい人はします)
とはいえ・・このオケの演奏は放っておくとジジ臭くなるのはなぜなんだ。
このコンサートの前に千葉県立少年少女オケやったせいもあるが、あの20歳で定年
を迎える子供のオケのはち切れんばかりのエネルギーとどうしても比べてしまう。
1日目は珍しくNHKが録音に来たせいか・・どうも安全運転。
2日目も75歳の道義はなんか空回り気分。

今から望む3日目はさらに本質に迫る演奏を期待しているんです。
この曲は「青春」と題名がつけられるが、晩年プロコフィエフは母国や友人に村八分
状態にされ、貧乏と孤独で病気で相当苦しい状態。彼特有のあの湧き出る旋律と
前衛的な前向きな歓びの希求が・・・・どこか影を帯びています。
そんな甘くも苦くもある彼のこの曲を表現してくれると良いと思って
ホールに向かいます。まてよ・・・これって文章的に破綻してないか?
きっとパックオケのようにジジ臭く若々しさを演奏すればこの7番の本質に
迫れるというのかもしれない!爆笑
・・・・・・

3日目終わってみると、心配事が大きく改善されすべて素晴らしかったと感じて
既に自宅にいます。
百音ちゃんも弱音と最大音の彼女なりのマジックの使い方が1日目とは大きく
違ってきていました。
このオケとのコンサートは常に3日間あるので飽きずに深堀り出来る人、
やる気のある人には素晴らしい経験と思います。
周辺に住む皆さま、まだまだ伸び盛りの西宮北口の素晴らしきホールで
暖かく才能に満ちた若者を見て下さってありがとう。
(光輪に縁どられているコウキユウレイペテン指揮者より)


91VgvCQM9tL._AC_SX679_.jpg

ショスタコーヴィチ交響曲全集 at 日比谷公会堂
「今はショスタコーヴィチは僕自身だ! 」と語る井上道義2007年に成し遂げた「ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏会at日比谷公会堂」。 日本人指揮者唯一の偉業となる一大プロジェクトをぜひお聴き下さい。

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

91VgvCQM9tL._AC_SX679_.jpg

ショスタコーヴィチ交響曲全集 at 日比谷公会堂

「今はショスタコーヴィチは僕自身だ! 」と語る井上道義2007年に成し遂げた「ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏会at日比谷公会堂」。 日本人指揮者唯一の偉業となる一大プロジェクトをぜひお聴き下さい。

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団