第26回 岡崎市民クラシックコンサート

2018.09.22
岡崎市民会館 あおいホール
午後 3時開演

180922.jpg

バッハ : ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調/*
ハイドン : ヴァイオリン協奏曲 第1番 ハ長調/*
ベートーヴェン : 交響曲 第7番 イ長調 Op.92

* 岡本誠司[vn]
名古屋フィルハーモニー交響楽団

チケット: 全席指定 S席4,000円、A席3,500円、B席3,000円 【学生券¥1,000】6月23日(土)発売開始
演奏会お問い合わせ先: 岡崎市民会館 TEL:0564-21-9121

【道義より】

4年前フラフラで振ったダンスではなく「岡崎ベートーベンシリーズ」も4回目。
僕は幸い元気にやっていますしホールも改築を挟み、響きも改善された。
来年の第九で終わりますが、今回、前半は24歳の今はベルリンで勉強中の岡本君のしっかりと、
またセンスの良い音色でのハイドンとバッハ。カデンツァは彼の自作
(すごく良い!)で。プログラムは彼の顔で決めたが(ネマーニャや神尾真由子など
の濃さがない)大成功!お客さんも想定外に拍手がやまなかった。
わかってるな岡崎!昔苦労した京都の岡崎の時代とは違うなと、感慨ひとしお。
(意味がわからない人は京都会館の住所を調べること)
ベートーベンはベトナムより激しい湿気で文字通りベト7だった。
しかし、僕は実は反省している。あまりに音響の違う名古屋の練習場と、岡崎の
ドライな響きのホールとの環境の違いに、自分から勝負をあきらめたのか、ゲネプロを
短くしたことがどうもオーケストラの管楽器奏者に緊張感の隙間を作ってしまったようだ。
ジジイの体力温存とか、奏者への方向の間違った愛情を考えたのも馬鹿な事だったかも
しれない。99歩までは上手くいったのだが100歩に至ることが出来なかったのはそんな甘さ
を自分にも人に許したからと思う。名曲中の名曲なのに。
ホールの響きはベートーベンが生前聞いたブルグ劇場などに近かったとおもうが、あと一歩
何かが足らなかったと2日たってから思い返している。

アンコールは来年の第九に向けてのpromotionフォトセッション!
では来年またね。


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...