第22回京都の秋音楽祭《開会記念コンサート》

2018.09.16
京都コンサートホール
午後 2時開演

2018_0916.jpg

ホルスト : 組曲《惑星》op.32
ショスタコーヴィチ : 交響曲 第12番 ニ短調 op.112《1917年》

京都市交響楽団

チケット: 2000円
演奏会お問い合わせ先: 京都コンサートホール TEL:075-711-3231

【道義より】

ジジイの僕に古巣というのがあるとすると・・・・はじめは都響。1年間の副指揮者、
短かったしそのころは駆け出しだった。それからどーんと空いて日フィル、
そのあとが深い関係の新日フィル。そして今日振った京都とは8年続いた。
コンマスの工藤千博さんに誘われフランス中心に振っていたのを
「昔修学旅行で痺れた古都の幻影」にフラフラとなり「日本の中の日本」で
欧州のクラシックでどっぷり漬かろうと、無理やり入籍!?
・・・・・8年経って無理やり離婚させられた印象で終わった関係だったが、
今回そのころの思い出深い曲を2曲ならべさせていただいての無理やりの
パワハラ的プロ。
ソリストなんか要らない!と充分の練習を経てのコンサートは俺のガン克服の象徴
だったかも。今ニュースで樹木希林さんが亡くなったと知った。

惑星は、京響監督になった記念のコンサートで、28年前。12番は26年前に、
何をやっても鳴らないし、お客さんも来なかった旧京都会館での定期演奏会、
どうせ来ないなら・・・・公立オケでしかできない冒険的な企画をとショスタコーヴィッチ
を始め、そのあとプラハの春音楽祭に持っていけた因縁の曲。多くのそのころのメンバーは
すでに惑星ならぬ星空行ってしまった。
今、すっかり上手くなった京響は、以前とはスケールの違う演奏。
京都の秋音楽祭にふさわしい、ミーちゃんハ-ちゃん向きでないプログラムを
体を張って鳴らし終えた、と思う。音楽「祭」は日常ではないから。

音響的には京都会館よりは10倍良い響きだが、音響で満たすことが未だに難しい
北山のコンサートホールを、文字通り宇宙に広がる神の恩寵?!で余すところなく
埋め尽くしたし、革命のない日本で革命の音楽という超偽物のアーティフィシャルな
「音の物語」として醸し出してくれたと思う。
大フィルやN響でも(海外でもだけど)振ってきた此の名曲、そう!これが名曲として
世界に存在する場所を作ったのが京都との1992年の試みから広がったと自負している。
(誇大妄想は指揮者は得意)

ぶらっと歩いた街中で10分の間に3人の人たちが声をかけてくれたのは、京都の
懐かな?正直嬉しい事でした。
観光の古都京都・・・・お寺と神社のでなく住む人たちが現在の生活を誇れる、
真の文化都市 京都であって欲しい。


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...