読売日本交響楽団 やまと極上の響シリーズ

2019.04.21
神奈川:やまと芸術文化ホール メインホール
午後 2時開演

1904212.jpg

モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」
パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調 作品6/神尾真由子[vn]
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「火の鳥」(1945年版)

読売日本交響楽団

チケット: S席:6,000円 A席:5,000円 学生券(26歳未満):各席種半額 ※学生券はやまと芸術文化ホールのみ取り扱い
演奏会お問い合わせ先: やまと芸術文化ホールチケットデスク TEL:046-263-3806

【道義より】

14歳の時、「俺はこのままで一生居たいがどうしたらいいか」と考え、
「現実より、より全人間的な舞台での人生を一生続けてやってみよう!」と
やり続けてきたのだが、このコンサートの行われた大和(市?)にある
シリウスという複合施設の中にあるコンサートホールに来る間、またそこでの経験
は、そのころ想像もしなかった「本当の現実」であった。

あの畑や雑木林だった中央林間あたりに、いつの間にかこれだけの人間が日本中から
移住し、このような心地良い響きのホールを、作り上げ、そこに来る爺さん婆さん、
働き盛りや、坊やや、女の子の家族を前に、火の鳥1945年版という多少なりとも
ひねった作品とともに、14歳だった頃、母親が毎日読んでいた新聞社がその後作った、
「読売日本交響楽団」という、今では色んな意味で前向きな楽団を育て上げ、
それを俺が70を超えた俺が体力総てを使って、京都のコンサートマスターだった、
桐朋学園の同級生から「ミッキー、こんなすごい生徒がいるぜ」と紹介された
その頃12歳だった神尾真由子という天才バイオリニストと超難曲のパガニーニのコンチェルトを、
・・・楽しみながらで奏でる・・・・なんて!


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...