【都響×アプリコ】井上道義の『運命』&『田園』

2019.11.02
大田区民ホール・アプリコ
午後 3時開演(午後 2時15分開場)

191102.jpeg

ベートーヴェン : 交響曲第6番 ヘ長調 op.68《田園》
ベートーヴェン : 交響曲第5番 ハ短調 op.67《運命》

東京都交響楽団 https://www.tmso.or.jp/j/concert/detail/detail.php?id=3245

チケット: S席¥4,500 A席¥3,500 車椅子席2,000円 65歳以上:-30% U25:-50% 当日休憩後:-50%
演奏会お問い合わせ先: 都響ガイド TEL:0570-056-057

【道義より】

都響と、最近では一番やりたいプロをやって、お客さんも一杯、練習も思う通り、
前日にホールでやれたので結果が悪ければ僕のせい。

結果は僕がどうのこうのことではないと思う。ベートーベンは、本当にリトマス試験紙。
今日は全員力いっぱい、音楽の世界に集中出来た。終わって帰ってから、
テレビを見ろと言われてみたら、南アフリカがワールドゲーム1位の瞬間だった。
僕が南アフリカ、ケープタウン(25歳の時ベートーベンの5番を初めて振った街だ!)や、
ヨハネスブルグ、プレトリアなどのオケを指揮したころには考えられなかった、今の
あの国の状態。感激する。しかし勝利というのは一瞬で喜びとは、何か儚いものだ。
ベートーベンは勝利、喜び、という人間が欲するあの高揚状態を、交響曲5番の4楽章で、
究極的に、肥大化をギリギリ免れる表現で音楽芸術にした。なんと素晴らしい才能。
あの音楽のためなら、人は、曼荼羅を描くがごとく沢山の努力を傾ける。
俺で言えば腕は痛いし首は固まるが、知ったこっちゃない。天気も良い日だった。

客席一番前におっそろしく痩せた男性がいらっしゃった、来てくださったことを、
演奏者全員を代表して感謝します。
こちらが力つけられ、嬉しいことこの上ない。
今のところこっちは超元気だ、どうぞあなたもお元気で!
追伸
実はこの後1週間腕が本気に痛くて参った。


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...