【NHK/Eテレ】クラシック音楽館 / N響 第1921回 定期公演

2019.11.17

午後 9時開演

<N響 第1921回 定期公演>
1978年から40年以上、N響と共演を重ねてきた指揮者・井上道義。前半はアメリカの現代作曲家グラスの作品を、植松透と久保昌一、N響の二人の首席ティンパニ奏者をソリストに迎えてお送りします。そして後半はショスタコーヴィチの交響曲第11番。1905年に起こったロシア革命の発端「血の日曜日事件」を描いた傑作です。「ショスタコーヴィチは僕自身だ!」と公言するほど情熱を傾ける、井上道義の熱演に注目です。

191117.jpg

「2人のティンパニストと管弦楽のための協奏的幻想曲」
グラス:作曲
(管弦楽)NHK交響楽団、(指揮)井上 道義、(ティンパニ)植松 透、(ティンパニ)久保 昌一
(25分41秒)
~NHKホール~

「交響曲 第11番 ト短調 作品103」
ショスタコーヴィチ:作曲
(管弦楽)NHK交響楽団、(指揮)井上 道義
(1時間2分07秒)
~NHKホール~

(2019.10.05 NHKホール)


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...