読響 第122回みなとみらいホリデー名曲シリーズ

2020.10.10
横浜みなとみらいホール
午後 2時開演

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」/ 仲道郁代[Pf]
ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト長調 作品88

読売日本交響楽団

チケット: S ¥7,600 A ¥6,600 B ¥5,600 C ¥4,100 ブラボーチケット(読響オリジナルマスク付き)¥8,600
演奏会お問い合わせ先: 読響チケットセンター 0570-00-4390(10時-18時・年中無休)

【道義より】

半年以上コロナで「ガイジン指揮者」が来ない。オーケストラも来られない、
まるで戦争中のような状態。でも、今日のような演奏ならば、
舶来オーケストラは来なくっても良いんではないか?
なかなか味があった!音もだが、それぞれの演奏姿にも!
中央ヨーロッパの多少陰のある、、哀愁漂う響きとフレーズの機微にも。

同じく、俺はガイジン指揮者ではない(とは言えないかな・・・)けれど、
カラヤン、チェリビダッケとまでは行かないことは認めるが、いま、クーベリック、
ヴァント、勿論ラットルやペトレンコと比べてもらって構わない。
後数年は、そんな認識で生きるつもりだ。

ドヴォルザーク(DVORAK)の8番は、読響と40年ほど前、
コンサートマスターがマトウシェックであったとき都民芸術フェスティバルで
演奏していて、1楽章の終わりで誰かさんがロングヘヤーを靡かせジャンプ
していた・・・と赤面もの記憶を開陳してくれた方が居た。
お互い今日の方が40倍良かったと、思おうではないか!!

仲道郁代さんも渾身のベートーベン。
楽屋に来てくれた服部百音と同じぐらいの体格!!を大切に自分で育て上げ、
出来得る限りの、真剣で正直なアプローチで、エンペラーと名が付く
ベートーベンの無骨な反骨魂と共に、対極的な詩情を、道義と今日いらした
みんなとみらいの秋、、、に刻印してくれた。我々の過去を美しく塗り替えて。  
音楽は消え去る。   が、
今日は、土砂降りにもかかわらず、隣り合わせの席がかなり埋まって、
ホールの響きも平常な感触。やっている方はそのことにこそ感激した。
誰かの心の中に消えない刻印がきっと残せたと感じたので、コンサートの
終わりに僕は、皆さんが止められているからと、代わって
「お客様にブラヴォー、読響にブラヴォー」と言ってみたが、
何故か声が・・・
声が・・・
駄目なアヒルみたいにカスレていてガッカリしたあ。


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...