NHK交響楽団 6⽉公演 サントリーホール

2021.06.06
東京都 : サントリーホール 大ホール
午後 2時開演

シベリウス : 交響曲 第7番 ハ長調 Op.105
ベートーヴェン : 交響曲 第3番 変ホ長調 Op.55「英雄」

NHK交響楽団

チケット: S席7,000円 A席5,800円 B席4,500円 C席3,500円
演奏会お問い合わせ先: N響ガイド TEL:03-5793-8161

【道義より】

エロイカ
終わってホッとしている。やはり名曲中の名曲を70歳超えて良いオーケストラと
定期で、有名なホールで、全国放送で残る、となると人生のリトマス試験紙。
前触れブログでも書いたが、隠れた名曲シベリウス7番は、昨日の放送も今日も
納得のいく演奏。
エロイカは色々な歴史を背負っていて、一筋縄で語れる作品ではない。でも、
自分で書いているブログだが、井上さんも二日目の今日、究極の得心がいった。
勿論放送の方も良かったが、今のN響は始まって以来一番若い、いくつかの
思いがけない小さな、ボタンの(ライブでリスクを恐れて小さくなってはいけない
から、かまったことではない)掛け違いのような事があった一日目(放送は
ゲネプロでカメラ割りのプレイスルーが出来るので一日目を録る)よりもう一回り
一人一人の自由な演奏の飛翔が、感じられた。


残念だったのはナントカ宣言の影響でお客さんが50%の入り。もったいない。
ディスタンス!とか言う無駄な合言葉もあり、演奏家同士も、離されて・・・。
もったいない。      とは言え、


感謝の気持ちを素直に言いたいのは、ゲネプロの後、
「熱い演奏!感激です、やりたい事がはっきりしている音楽、何処かエロイし、
大好きです!」と控え室に飛び込んでくれた方に、「そうか!直ぐ冷房付け
て!エロタコジジイ、ショスタコだけじゃあないだろ・・・」とか軽口がたたけた
事に代表されるN響のポジティブな現状に対してです。

それに、神へ。

何故って、一日目の練習の後、虫垂炎で吹くことが危険になったオーボエの吉村
さんの代わりに大学での授業中、急遽代役を受けてくれたベテラン青山さん。
なんと彼は本番当日、本来ならば関西でコンサート予定が合って出来ないはず
だったのにコロナ騒ぎでそれが中止になったためこの代役、二つ返事でOKが
出来たんですよ。
神の采配。人々の祈り。
まったく方向の違う2曲の演奏に、
きっとそのように幾つもの忘れられない物語が。


61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」
井上道義 指揮東京交響楽団

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...