神奈川フィルハーモニー管弦楽団 みなとみらいシリーズ 第397回

2024.07.20
横浜みなとみらいホール
午後 2時開演

道義、神奈川フィルとの最後の"狂"演

シャブリエ : 狂詩曲「スペイン」
ドビュッシー : 夜想曲/東京混声合唱団[女声Ch]
伊福部昭 : ピアノとオーケストラのためのリトミカオスティナータ/松田華音[Pf]
伊福部昭 : 日本狂詩曲

神奈川フィルハーモニー管弦楽団

チケット: S席7,000円 A席5,000円 B席3,500円  ユース(25歳以下)当日1,000円 シニア(70歳以上)各席種10%引き
演奏会お問い合わせ先: 神奈川フィル・チケットサービス 045-226-5107(平日10-17時)

【道義より】

夜中病室で、、、、天啓のように、いや悪夢のように鳴り響く、ブルックナーの城のような、
カテドラルのような立派な響き。大阪でもう終わったあの時が、今またドビッシーの、
「祭り」に突然出現する・・・まるでサロメが男の首をささげるギュスターヴモローの精密な
絵画のような場面と重なり、前頭葉に鳴り響く。人は一生をかけて自分の創る物語のように
将棋の駒を並べるのだろうが、消えて欲しい!煩い!眠りたい!
幼い時の海、外国、広さの象徴、未来そのものだった横浜。山岡優子という恩師が住んでいた
白楽への毎週の恐怖と絶望と発見と祝福の日々は、もう60年も前。フィールドのノクターンの
魅力、ショパンのそれ、亡命ロシア人たちの、バレエやピアノの影響は県立音楽堂でのその後の
活動に繋がり、埋め立てられた海がいま、「ミナト過去」となって岩礁に難破しそうな舟を、
女セイレーン達がのぬめぬめした死への誘惑を試みる。こちらはもう身を任せたい。
神奈フィル。体中が逆流しそうだ。


91VgvCQM9tL._AC_SX679_.jpg

ショスタコーヴィチ交響曲全集 at 日比谷公会堂
「今はショスタコーヴィチは僕自身だ! 」と語る井上道義2007年に成し遂げた「ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏会at日比谷公会堂」。 日本人指揮者唯一の偉業となる一大プロジェクトをぜひお聴き下さい。

Schedule

降福からの道 欲張り指揮者のエッセイ集
「僕の人生、音楽だけではないが、正面から指揮をやってきたらこれほどの発見があったことに驚いている!」

91VgvCQM9tL._AC_SX679_.jpg

ショスタコーヴィチ交響曲全集 at 日比谷公会堂

「今はショスタコーヴィチは僕自身だ! 」と語る井上道義2007年に成し遂げた「ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏会at日比谷公会堂」。 日本人指揮者唯一の偉業となる一大プロジェクトをぜひお聴き下さい。

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団