新日本フィル サントリーホール・シリーズ
第460回定期演奏会「怪人が紡ぐ"ある愛の歌"」

2010.04.08
:
午後 7時15分開演

20100408.jpg
2010/04/08(木)19:15

東京: サントリーホール 大ホール

バルトーク : 弦楽のためのディヴェルティメント
バルトーク : 歌劇「青ひげ公の城」op.11(演奏会形式)

# 青ひげ公:イシュトヴァーン・コヴァーチ*
# ユーディト:イルディコ・コムロシ
# 吟遊詩人:押切英希
#
# *都合により、上記のとおり出演者が変更となりました。

新日本フィルハーモニー交響楽団

S席:10,000円 A席:9,000円 B席:7,500円 C席:完売 P席:完売

新日本フィル・チケットボックス TEL: 03-5610-3815

【道義より】

サントリーのホールオペラとは全く逆の方法ですばらしい結果が出た個性的かつ内容の深い特殊なオペラ作品だったと思う。私も身近な話と感じながら振っていたが「ハンガリー人よりもハンガリー的」だとかソリストに褒められて心底たくさん勉強した髭のない怪人指揮者はやっぱりうれしいです。新日の弦も、管も安定している。2日あとのパルテノンでは会場ぎりぎりまで照明を作った。上昇意欲を保ち続ける姿勢がものを感動まで高めると思うからだ。字幕も例によって井上が一から作ったが、もちろんですがハンガリー語から直接できたわけではないです。イルディコは本当に素晴らしいユーディットだった。




OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団