OEK 第286回定期公演
フィルハーモニー・シリーズ

2010.09.04
:
午後 7時開演

20100904iwakimemorial.jpg
2010/09/04(土) 19:00(18:15開場)

石川: 石川県立音楽堂コンサートホール

加古隆(Pf)
ルドヴィート・カンタ(Vc, 2010年度.岩城宏之音楽賞受賞者)

ハイドン : 交響曲第103番変ホ長調「太鼓連打」
サン=サーンス : チェロ協奏曲第1番
加古隆 : ヴァーミリオンスケープ~朱の風景~(OEK委嘱作品・世界初演)
      黄昏のワルツ
      ポエジー ~グリーンスリーブス
      フェニックス
(富山公演と同内容です)

特別協賛:北陸銀行

オーケストラアンサンブル金沢(OEK)

SS¥6,000 S¥5,000 A¥4,000 B¥3,000 スターライト¥500

石川県立音楽堂チケットボックス TEL: 076-232-8632

【道義より】

岩城賞はカンタさんが受賞されたことでこれからのハードルが高くなったと思います。私は彼の名を冠した賞が北陸だけに留まるより広がるほうが正しいと思いますが、それも未来に結果がはっきりするでしょう。北陸からこの賞に値する人材が出るよう祈ります。加古隆さんはわかりやすい作品で人の心をつかんだと思います。さらに強く演奏家のチャレンジ精神を鼓舞するものになっていくことも必要ではないかとも感じたことも事実です。楽しみ、と勇気ある前進、は一致するとはいかないのが芸術の世界ですね。...前進の定義は簡単ではないけれど。

ハイドンとモーツアルトだけで世界旅行が出来る日も遠くないアンカナとも感じました。このような私の意欲は前進的か後向きか?




91HbufYtBvL._SL1500_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲全集 at 日比谷公会堂
「今はショスタコーヴィチは僕自身だ!」と語る井上道義が、2007年に成し遂げた大偉業が遂にパッケージとなりました。

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

91HbufYtBvL._SL1500_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲全集 at 日比谷公会堂

「今はショスタコーヴィチは僕自身だ!」と語る井上道義が、2007年に成し遂げた大...

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団