Schedule 2011.aug

2011.08.01
:
午前12時開演

110731LRD.jpg◆ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノフェスティヴァル(フランス)http://www.festival-piano.com/

●ラ・ロック・ダンテロン公演
2011/08/01(月) 21:00開演
フロラン城公園

アブデル・ラーマン・エル=バシャ[Pf]

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466
ハイドン:交響曲 第94番 ト長調 Hob.Ⅰ-94「驚愕」
ショパン:ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 op.21

2011/08/02(火) 21:00開演
フロラン城公園

アルド・チッコリーニ[Pf]

シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 op.54
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 op.37
ベートーヴェン:交響曲 第7番 イ長調 op.92


今回は晴天続きの上、風もない奇跡のような夏のプロヴァンス。エルバシャはほとんどさらわない。でも心がいつも静かで音楽にもそれが現れる。他の人間と何かが違うタッチ、同じ楽器から全く違う音色を醸し出す。特にショパンはかなり付けにくいが、そんな苦労に値する名演だった。アンカナも名実ともに驚愕のハイドンを素晴らしいセンスで演奏。次の日のチッコリーニは86歳だが力強くやったオケとの練習後にも一通り全曲練習していた。彼はさらい魔。楽章の間も少なく真に貴族的な趣味の演奏。アンコールも2曲。アンカナの7番にお客はひとりも帰らず!!彼はそのあとあさ2時まで共にリゾットを食べた。ニキタマガロフと演奏した昔話などをしたらとても喜んでくれた。OEKを褒めまくったルネマルタンやフランス国立放送局の面々。この音楽祭のレジデントオーケストラになるようなことになるかな?(なおその時のフランステレビ放送局の映像がOEKのサイトで2時間無料で綺麗な映像で見ることができます。)僕はその後シエナ、キジアーナアカデミーに40年ぶりによりました。ボリスベルキンは教授、旧友アルドベニーチが今やアカデミーの芸術監督だ。イタリアは素晴らしいとの思いを再確認した。ただし昼間は観光客が多過ぎ、毎日京都の祇園祭状態なのには辟易した。





OEK「公演の記録」や、KAJIMOTOのツイッターで今回のツアーレポートが掲載されました。また、上記コメントでも紹介している巨匠チッコリーニと共演した8月2日コンサートが Arte Live Web にて無料公開されています。






いしかわミュージックアカデミー
日本海交流コンサート with 井上道義&OEK

2011/08/27(土) 15:00開演(14:15開場)

石川 : 石川県立音楽堂 コンサートホール

コルンゴルド : ヴァイオリン協奏曲
ラヴェル : ツィガーヌ
レスピーギ : リュートのための古代舞曲とアリア   他

[Vn]
クララ=ジュミ・カン、ホァン・モンラ、山根一仁、南紫音

オーケストラ・アンサンブル金沢

S席 4,000円 A席3,000円 B席500円

石川県立音楽堂チケットボックス TEL: 076-232-8632


チャイコフスキーは余計だったが、16才の山根は本番で明るい将来性を十分に発揮したし、クララジュミカンは多少スマートになり素晴らしいコルンゴルトを聞かせた、この曲に初めて出会ったOEKもはじめは右往左往したがいいサポートをしていた(ただしクララは指揮者にも誰にも告げずに長すぎるアンコールをやってしまうあたり子供ですが)南さんは楽器もよくなり僕が4年前に初めてメンデルスゾーンをやった頃より安定してきて伸びているのが嬉しい。レスピーギはOEKと韓国勢の生徒さんたちとの合同で、思い切りのよいイタリアンな音が出たかな?内情は実はいろいろ軋轢が大変なんですがねこういう企画は。でも我が国の政治もこういうことこそ、やっていかねば隣国と平和を保つことはありえないのでしょう。




■第3回 井上道義による指揮者講習会

日 程 :2011年8月27日(土)~30日(火)
会 場 :石川県立音楽堂

講 師 :
 井上道義(オーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督)
 広上淳一(京都市交響楽団常任指揮者)







OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団