大阪フィル マチネ・シンフォニー Vol.13

2015.07.14
大阪府 : ザ・シンフォニーホール
午後 2時開演(午後 1時開場)

シャブリエ : 狂詩曲「スペイン」
ロドリーゴ : アンダルシア協奏曲(4本のギターとオーケストラのための)
 <独奏>荘村清志、福田進一、村治奏一、大萩康司
ビゼー :「アルルの女」第1、第2組曲

チケット: Vol.13・14 2公演セット券:A席6,000円 B席4,000円 Vol.13 1回券:A席4,000円(3,600円) B席3,000円(2,700円)
演奏会お問い合わせ先: 大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890

【道義より】

若い体がほしい!ラテン系プログラム、大フィル頑張ったし、思った通り乗りが良いからお客さんも乗ってくれたが、じじい指揮者は目いっぱいだ。
記録的な暑さにぴったりな(作ったのは冬だったけど、この日が梅雨のど真ん中でグチョグチョだったら僕はアンダルシアの荒野で自殺していただろう)プロでお客さんもいっぱい来てくれた・・・・・・・何年かかったと思います?ここまで・・・語るも涙の600人と言うところから始めたんでっせ。苦節10年とはこの事だ。

4人のギターコンチェルトこれからなるべき沢山チャンスを作りたい掘り出し物の作品!アランフェスに飽きたお客さんソリスト、ギター製作者並びにスペイン風邪用抗生物質製作者にもいい作品だ。ただしロゴリーゴは目が悪く、楽譜を作ったのは奥さん、音楽はカッコいいけれど、年老いたカラスみたいな声を出すおっさんだったせいか、3楽章がもう一つなのが(これはアランフェスもそうでしょう?)我々のやる気を刺激する。並び方とかオーケストラ人数、そして何よりホールを選ぶ作品だ。

アルルのフルートソロ絶品だった上野さん、支えたハープも弱音の魅力があった。




OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団