OEK 第367回定期公演フィルハーモニーシリーズ

2015.09.15
石川県 : 石川県立音楽堂 コンサートホール
午後 7時開演

シュニトケ:モーツ=アルト・ア・ラ・ハイドン(1977)
モーツァルト:ピアノ協奏曲 第27番 変ロ長調 K.595 / 辻井伸行[Pf]
モーツァルト:交響曲 第40番 ト短調 K.550

オーケストラ・アンサンブル金沢

チケット: SS¥7,000- S¥6,000- A¥5,000- B¥3,000- スターライト¥1,000-
演奏会お問い合わせ先: 石川県立音楽堂チケットボックス TEL.076-232-8632

【道義より】

この感覚は、僕の場合、自分のコンサートでは若いころには数回しか感じなかった。
「今日という日は帰ってこない・・・・・」

あまりにも美しい景色に遭遇した時、強い愛情に満たされたと感じた時、有り得ないような感動というものが、そんな感覚をもたらす。
辻井君、無理がなく、必要なものをすべて満たし、余計なものを演奏に付け加えない。(人は27番は彼岸に片足を突っ込んでいるとよく言う。誰が35歳のアマデウスが死を予測したといい切れるのだ!彼は多少体調が悪かったが、普通に演奏も作曲もしていたのだ、いたずらに暗さをイメージして聞いてはいけないと思う。シューベルトの未完成、マーラーの9番、ブルックナーの9番、ひいてはベートーベンのピアノソナタの最後当たりとかに誰しもが死を投影する。大体氏が暗いものだってなぜ決めるのだ。第一、人は本気に死にそうなとき、真にフラフラでは作品なんぞ絶対書けない・・・佐村小路じゃあるまいし!)
はじめて彼と三重県で共演した時から6年、場数を踏み、素晴らしくなった。これからが楽しみとかでなく、モーツアルトはあれでいい、日常的な感動だろうか?特別な日だったのだろうか?答えはここに在る。日常があることこそ特別なのだ。
OEKとの40番、僕にとっても記念できる演奏だった。僕も多分、完全に復調したと思う。シュニトケでは客席に飛び込むことも出来たし、それぞれ楽員さんの個性と現実を昇華出来た日だったと思う。テレビ録画で残せたのもうれしい。これからのツアーでの結果は、あまり多くを書いたりしない事にする。27番とのプロは間違いなく良いと信じられるから。




OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団