躍動の第九

2017.12.17
大阪府 : ザ・シンフォニーホール
午後 2時開演(午後 1時開場)

171217.jpg

アンダーソン : クリスマス・フェスティバル
ベートーヴェン : 交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱付」

並河寿美[Sop],福原寿美枝[Alt],宮里直樹[Ten],大沼徹[Br]
大阪フィルハーモニー合唱団(合唱指導:福島章恭)

大阪フィルハーモニー交響楽団

チケット: A席:6,500円 B席:5,000円 C席:3,000円
演奏会お問い合わせ先: ザ・シンフォニー チケットセンター TEL: 06-6453-2333

【道義より】

昨日と同じソリストで第九...・素晴らしいテノール宮里君。並河福原両姉様に
いじられっぱなし。
オケは今回クリスマスフェスティバルというアンダソンのクリスマスメドレーで
お客さんの心を溶かしてもらうつもりだったが、シンフォニーホールで、
オケがおっそろしく良い演奏!
ワインヤードの持つ祝典的な寿ぎ感が楽員さん同志の日常の壁を溶かしたのか!
ミチヨシはフラフラ遊んでいればよかった。
第九はそうはいかない。最近エネルギーも戻り最後まで集中できたが、この作品は、
簡単に言うと汗をかく。しかし走る喜びに負けてはいけない。走れば走るほど、
冷静にその時、その時を全体に奉仕するように向かわねばならない。
30才でニュージーランドで初めてその桶の30周年記念演奏会として振って以来、
何度振ってきただろうか?NHK教育テレビで数か月にわたる連続番組もやった。
北朝鮮でもあの国の初第九として演奏もした。ドイツやイギリスなどでもやった。
でも今回の2回は好きだった。よかった、俺もまだ枯れてない。ひひひ。ガハハ。




OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...