東京交響楽団演奏会【指揮:井上道義 ピアノ:田部京子】

2018.11.17
佐倉市民音楽ホール
午後 2時開演

ムソルグスキー : 交響詩「はげ山の一夜」
モーツァルト : ピアノ協奏曲第21番 *
ムソルグスキー : 組曲「展覧会の絵」(ラヴェル編曲版)

* 田部京子[Pf]
東京交響楽団

http://www.city.sakura.lg.jp/0000018864.html

チケット: A席:4,900円 B席:4,500円 学生:3,600円
演奏会お問い合わせ先: 佐倉市役所 市民音楽ホール TEL: 043-461-6221

【道義より】

佐倉市のホールは小さいのだが、好きだ。大きくて閑古鳥が鳴くようなのは
最低だが、小さいと人で一杯な印象も強く、お客さんの顔が見える。
これが何よりで、好きだ。若い頃愛したルーマニアの大学町、クルージュのホールを
思い出す。確かにコストパフォーマンスは悪いだろう。
しかしCDや、テレビなどでは絶対に味わえない世界がそこにある。
今回地震対策をして、さらにきれいになった。聴きに来られた市長さんも正直に
喜んでいた。

田部京子さんのピアノは古典では非常に素晴らしく、無駄なものがないのに、
必要なもので一杯だった。このホールと一体感のある人生観、存在感、の持ちかただ。
そうそう!ピアノも新品で、未来に向かって輝いていた。
東京交響楽団。忙しく、きついオケだが、そこのオケの首席コンサートマスター、
グレブ・ニキチンさんが、「私はいやと言うほどこの曲展覧会の絵を演奏してきたが、
今日のが一番だった」と言ってくれた。
こういう発言を自信を持って言えるのは,僕から見れば、人として素晴らしいと思う。
オケの責任あるポディションの人は他の指揮者に気を使ったり、価値観はそれぞれ
だからとか言って、なかなかはっきり言わず、骨抜きが多く、日本人の美徳?なのか、
その辺の音楽雑誌の○でもない×でもない、批評という名の感想文のような事
を言う人がほとんどだから。


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...