洋邦コラボレーション・コンサート

2018.11.07
石川県立音楽堂 邦楽ホール
午後 7時開演(午後 6時15分開場)

20181107.jpg

ペルト:タブラ・ラサ
 山根一仁、アビゲイル・ヤング[vn]
 大井浩明[Pf]
 渡邊荀之助[能舞]
 奈良宗久[お点前]
作曲コンクールで選ばれた曲
ストラヴィンスキー:ミューズを率いるアポロ

指揮・演出:井上道義
オーケストラ・アンサンブル金沢メンバー

チケット: SS席5000円 S席4000円 A席3000円 B席2000円
演奏会お問い合わせ先: 石川県立音楽堂 Tel:076-232-8632

【道義より】

打ち上げの鉄板ステーキ屋に入って(片瀬)おやじに今日はこういう会だったとチラシ
を見せて説明したら開口一番「なんともマイナーな出し物」と。ハイハイ・・そう
感じるだろう。それなら、AKBならメジャーなのか、OEK定期がそうなのか、
メジャーリーグならメジャーなのか、トランプ選挙ならデカいのだろう。
こういう価値判断は、全て主観だ。珠世ムジカーザで毎日行われている公演がいい例。

今日のコンサートのテーマは「空/くう」、表現できたと思えるのは「忘れがたい時」

邦楽ホールでなければ、金沢でなければ、今でなければ、出来ないことを構築した。
素晴らしい出演者一人ひとりは、僕も含めてギリギリの冒険をしたし、
第一回是阿観コンクール優勝の若林千春君の作品も、ペルトのタブララサ能舞とお手舞付き
と、ストラヴィンスキーの名曲アポロンムザジェット(碌な演奏を聞いたことがない)に
伍して、素晴らしい作品だった。再演が続くだろう。
アポロ~は50年前斉藤秀雄に叩き込まれ良い弦楽合奏団と演奏したかったが、
長い間「マイナーである、客が知らない!」と言われプログラムに乗せられなかった!

この3曲での舞台、このまま、ロンドンであろうが、ベルリンであろうが、パリで
あろうが、どこに出しても今日と同じ大喝采だろう。
これがアンサンブルと、音楽堂の設立精神。世界レベルへの志向!
それが唯の主観であったとしてもだ・・・・忘れてほしくない、崩してほしくない。

裏方さんの充実した仕事ぶりが忘れられない。狂熱の日!

緑縁禄碌・・・違いの判らない俺、食べ物にもあまり興味のない俺だが、
片瀬は肉もだが、コメが一流だった!・・・・・・・・・・・・・・・・・気がする。


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...