グリーン・エコー第60回演奏会

2019.03.09
愛知県芸術劇場 コンサートホール
午後 5時開演

190309.jpg

ペンデレツキ : 広島の犠牲者に捧げる哀歌(弦楽作品・名古屋初演)
伊福部昭 : 交響頌偈『釈迦』(名古屋初演)
ペンデレツキ : クレド(日本初演)

モニカ・ブチュコフスカ/アグニエシュカ・グロハラ[Sop]
ヨアンナ・モトゥレヴィチ[M.Sop]
ピオトル・マチェヨフスキ[Ten]
パヴェウ・コウォジェイ[Bs]

【児童合唱】名古屋少年少女合唱団
【合唱】グリーン・エコー
【管弦楽】名古屋フィルハーモニー交響楽団
【合唱指揮】荻野砂和子/河辺泰宏

チケット: S¥5,000 A¥4,000 B¥3,000 Y¥1,000(学生券)

【道義より】

2014年にラフマニノフの「鐘」とシュニトケの「長崎」という曲
でのグリーンエコーとのコンサートを、キャンセルした。
俺が中咽頭癌ステージ3~4で治療に入ったからだった。
昨日、2019年3月ペンデレッキの「広島~」と、「クレド」の
日本初演と、伊福部さんの「釈迦」という相当冒険的なプログラムで
コンサートを終えることが出来た。
神にも仏にも感謝!そしてこのような作品に出会わせてくれた合唱団
に、感謝!いっぱいのお客さんに感謝!
ポーランドから5人のソリストを呼んでくれた、梶本の佐藤さんにも
感謝。
俺の体力に感謝?あまり長生きなんかしたくないが、この「クレド」
中心のコンサートに、相当命を懸けた気がする。
ホントに難曲!
グレーエコー?の皆さんも、死に物狂いでしたね!
名古屋少年少女合唱団は、皆に希望を与えてくれてありがとね!
名フィルは、たった2日であそこまで行けたことに、
誇りを持って良い。例えばホルンソロ等は文字通り、常にエコーが
絡む様な、書法。オケ全員に孤独さと不安を持たすような、書法。
(元気なペンデレッキには国際電話でいくつか質問。何せ演奏される
のを喜んでいました)
打楽器には不思議なボーバンというものも入って、超絶的!
サディスティックともいえるチャレンジ精神で書き込んである。

しかし、この作品、メッセージに「宗教を超える音楽」という風情が
あり、最後にホールに、救いはない...しかし希望は感じられる・・・
ある種の深い感動が、残される。昨日の演奏にはそれがあった。
そこには、現代特有な複眼的世界観があって、
「何かを信じることへの不安」と「愛の犠牲」が「演奏という行為」
の中に同時に語られた。

伊福部の「釈迦」は名前を「ブッダ」にすべきと思う。気宇壮大な
大きな広がりを感じさせ、一回聴いただけでも「愉しめる、音楽」
だし、日本語=漢字からも脱却していると思うから。
アジア全体の持つ、おおらかさを捉えたにっこりしちゃう作品だ。
まあ、笑っちゃう人も言うんだろうけれど・・・・!
頭を丸めたジジイにはピタリだった・・・・カモ、アヒル

以上


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...