ラ・フォル・ジュルネ・オ・シャポン2019 [公演番号:342]

2019.05.05
東京国際フォーラム ホールC:マルコ・ポーロ(1,492席)
午後12時開演

lfjTokyo2019.jpg

「Carnets de voyage ボヤージュ旅から生まれた音楽(ものがたり)」

矢代秋雄:交響曲

新日本フィルハーモニー交響楽団

チケット: S¥3,000 A¥2,500 3歳以上入場可

【道義より】

恐怖の子供の日が終わった!
超難曲交響曲!若い矢代秋雄がジジイにならずに亡くなって数十年後!
18歳だった頃、僕のピアノの先生だった山岡優子の鎌倉の自宅で、ベートーベンの
ピアノコンチェルト4番の伴奏をしてくださり、大いに力づけていただいた矢代
さんへ、ジジイになってから恩返しが出来たと思えた演奏だった。
さすがに今や誰も知らない(失礼!矢代若葉さん!)なので、切符は最後の最後まで
はけなかったが、新日フィルの皆と、トッパンホールの西巻氏には「歴史に残る名演」、
黒田珠世(ムジカーザ)には「物凄く良い曲!知らなかった‥でも終楽章は少し
若書きかな・・と思っていたらコーダでは感激して体が震えた!」と言わせた。
確かに、もっと、もっと演奏されるべき曲・・・・でも、本当に難しいのだ。
演奏技術的にも、指揮の技術的にも感覚的にも。何より複雑に作ることに
チャレンジした28歳だった作曲家のその時代の正攻法な音楽語法を噛み砕いて、
お客さんに届けることは・・・・。結果的には全くうまく行かなかったゲネプロが、
本番に強い集中力を生んだのかも。
こういう作品を「祭り」に入れることが、ラフォルジュルネの真骨頂。温泉の冷や水。
そして、演奏家の姿勢が真の意味で正しければ、初めて聞く曲であろうと、
難しい曲であろうと、人の心を強くつかむことを証明した。
主役のようなティンパニー、打楽器奏者たち、気が狂わんばかりの弦楽器奏者たち、
きっとホッとしてやっと今晩は黄金週間になっただろう。
新日というオケの合言葉はチャレンジだ。


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...