新日本フィルハーモニー交響楽団 サマー・コンサート2019

2019.08.24
岐阜県:可児市文化創造センター 主劇場
午後 4時開演

ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 「田園」op. 68
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op. 47 / 辻彩奈[Vn]*
シベリウス:交響詩「フィンランディア」op. 26

主催:(公財)可児市文化芸術振興財団

*正表記:一点しんにょう

チケット: 全席指定 7,000円 18才以下 3,500円
演奏会お問い合わせ先: 可児市文化創造センター・インフォメーション 0574-60-3050

【道義より】

可児という町は岐阜県で愛知県との県境の街にあり、なかなか豊かな街と見受けた。
高台にあるホールの目の前に豊かな芝生が子どもが遊べる浅い池を囲んで美しい。
ホールは1020程度のサイズで、多少切符の値段を東京並みに高く(S席7000円ほど)
設定する必要があるが、演奏者の息つき、表情、個々の演奏家の音も聴き分けられよう。
多少ドライな響きだが来年15周年での改修で多少良い方向になることが理想だ。

とはいえ、行くだけで豊かな一日を感じられるホールだし、きめ細かなケアーが感じられる
事務局は、きっとこれからも積極的に良い内容のものを選んでいくだろう。

昨日の演奏は、辻彩奈という「地元」の演奏家という安易な選択ではなく、コンチェルトは
彼女の最も良いところが発揮できるシベリウス。ただの名曲プロではない。
前半は道義が長年培ったベートーベンの田園の演奏方法を12分に披露させていただいた。
少数の人たちがゲネプロを聴いてくれ、終わってからコンマスと懇談会という
面白い企画が組まれていたが、前日墨田の練習にも子供たちが30人ほど。
その時はフィンランディアの金管とティンパニーを聴いて初体験の彼らの心臓は
凍り付き、ほくそ笑んだ悪魔道義、可児では一人の美人のお客さんに心臓が止められた。



OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...