井上道義×牛田智大×読響 かつしか公演

2019.08.31
かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
午後 2時開演

20190831.jpg

プロコフィエフ : ピアノ協奏曲第3番 / 牛田智大[Pf]
ペンデレツキ : 広島の犠牲者に捧げる哀歌
プロコフィエフ :「ロメオとジュリエット」組曲から(井上道義セレクション)

読売日本交響楽団

【公演詳細】
https://www.k-mil.gr.jp/program/symphony/2019/0831.html

チケット: SS ¥5,800 S ¥5,000 A ¥3,500 B ¥2,500 Z ¥2,000
演奏会お問い合わせ先: かつしかシンフォニーヒルズ(10:00-19:00 休館日を除く)03-5670-2233

【道義より】

このところ、読響との音楽会が続いた。全て完売が続きどれもが忘れがたいとは言え、
飽きやすい性格。
昨日はあの牛田君、19歳と、初共演。それとペンデレッキ!
そんなこんなで常に新鮮な気持ちが持続した。
練習の後牛田君はウシだ、とささやいたのはどうも練習場のピアノとの相性だったのかも
しれない。ごめん。本番は実に爽快な演奏、特別なファンでない人たちも大満足!
僕が19のころに仰ぎ見ていた名ピアニストの上を行く演奏。
あとは体を鍛えて(郷古君がすっかり男性的なからだに変貌していたように)音量も、
存在感も増していくだろう。数年前ムジカーザで今は亡きブランちゃんと同じように
可愛い存在であった少年の未来は輝いている・・・・育て上げたお母さんも喜ばしくも
寂しく感じる時期に来たのかも。そんな少年であった僕の未来だった今はピカピカ輝いて
いるぜ。
ずいぶんと名前も覚え始めたオーケストラメンバーの中には、以前から知っている古参の
バイオリニストが、若くなりすぎて魅力が薄れる(こっちは髪の毛の話ではない)のを
堰き止めるために、誰よりも朝早くから来て練習する方とか、いつも握手をしてくれる方
がいる。凄く心に来る。
外国の名門オケに匹敵する実力を備えている今の、この交響楽団を支えるのは巨人軍
ならぬ新聞社。永遠ではないだろう。
未来というのは希望の代名詞でもあるが、「今の僕」にとってはそれぞれのオーケストラ
の、日々の生活を真面目に、しかしクリエーティブに過ごしている「人」にこそ
思いがある。
日フィル新日フィルN響アンカナ大フィル東響都響東フィル札響名フィルそして広響や
九響、音楽監督を経験しようとしまいと
僕にはどうも個人しか見えないのかもしれない。


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...