OEK 第444回定期公演フィルハーモニー・シリーズ

2021.07.23
石川県 : 石川県立音楽堂 コンサートホール
午後 7時開演(午後 6時開場)

シューベルト:交響曲第4番 ハ短調 D 417「悲劇的」 
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 Op.19/神尾真由子[Vn]
ハイドン : 交響曲 第102番 変ロ長調 Hob. I-102

オーケストラ・アンサンブル金沢


チケット: SS席6,000円S席5,000円A席4,000円B席3,000円スターライト席1,000円
演奏会お問い合わせ先: 石川県立音楽堂チケットボックス TEL 076-232-8632

【道義より】

久しぶりのアンカナ定期。通好みのプログラムにした。
何故なら今はホントに聴きたい人しかコンサートに
来ないと知っているからだ。お付き合い族は棒に当たる
リスクを恐れ外に出てコロバナイから。
以前、京都でホール環境が悪く、ありとあらゆる名曲企画、
名ソリスト企画、廉価切符企画、等々をやり尽くしても
観客動員に、はかばかしい結果が生まれず、
「えい!それならここでしか出来ないショスタコーヴィッチを
徹底的にやる」と決心・・・・それが今の日本中でのショスタコ
受容につながったことを思い返したのだ。
シューベルトの4番・・・世の中で「面白い!へえ・・・これこんな
意味?やっぱりあの冬の旅の作家のものだなあ・・と言う演奏に
巡り会ったことがなかったが・・・・今回きっとそう思っていただけ
たと思う。勿論古典の源流ハイドンと並べることによってそれが
自ずと判るはず。
ハイドンもカツ丼天丼海鮮丼と同じくらい美味しいと言うことは
アンカナ演奏なら自明のこと!!フフッ、まさか自販機切符を
渡して食べる系の店のそれとは違います。
台所で長年、才能と努力をかけた演奏家が時間をかけてお出し
しましたから。
210723.jpgプロコフィエフのバイオリンコンチェルトも作曲はまだ二十代だった
天才の珠玉のような作品。神童(だったか・・)神尾真由子は
訳あってショッキングピンクのデラックス衣装であったが、
演奏は期待に応え、金メダル。
素直に歓べた一夜の舞台の記憶、捻れたオリンピックは遙か彼方。


◆2021.07.24 北國新聞
20210724hokkoku_#444OEK.jpg


61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」
井上道義 指揮東京交響楽団

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...