グリーグ・シベリウス・プロジェクト 藝大フィルハーモニア定期第324回 グリーク劇音楽《ペール・ギュント》

2007.06.08
東京: 東京芸術大学奏楽堂(大学構内)
午後 3時開演

15時と19時の2回公演

劇音楽《ペール・ギュント》(全曲)
ヘンリク・イプセンによる戯曲への付随音楽

18:15~ プレコンサート(夜公演のみ)
グリーグ 「叙情小曲集」より  Piano:多賀谷 祐輔

指揮/演出/日本語台本: 井上道義

出演
ソールヴェイ:元村 亜美
アニトラ:坂上 賀奈子
ペール・ギュント:駒田 敏章
三人の山羊追い:谷原 めぐみ,松原 典子,小林 沙羅 ほか
語り手:井上芳雄 (俳優/藝大出身)

照明: 海藤春樹

東京藝術大学有志合唱団(合唱指揮: 黒川 和伸,辻 博之)
藝大フィルハーモニア(管弦楽研究部)

チケット: 2,000円(全指定席)

【道義より】

かなり問題の多い練習環境であったが結果的にはやってよかった。今回の演出を通してグリークというよりもイプセンの広く深い世界を表現したかったのだが、芸大としてやりたかったところの「本邦初のノルウェー語による全曲上演」もそのとおりにやり通した。
演奏芸術センターの先生達はじめ、何人かの学生院生の献身的な態度は目を見張らされた。
僕はこれまで芸大の中を歩いた事さえなかったが、なかなか良い空間だった。
その日その日の気分でいろいろな場所にいられるのだから、桐朋とは大違いだ。
しかし背後には同じ演奏家でありながら生徒を愛するあまりか一日2回の公演に反対する声があったのには開いた口がふさがらなかった!芸術で身をたてる一番の基本は体力、・・・・そして精神力なのだ。
しかし、これからさらにペールのごとく自分の殻を常に疑い、壊して進む人々の集まる大学になる希望が十分感じられた。特に駒田君、井上芳雄君、本当にすばらしいな。




OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団