Schedule 2012.dec

2012.12.31
:
午後 6時18分開演

■Cyklus Symfonicko-vokálny cyklus

2012/12/06(木) 19:00開演(**:**開場) - A3
2012/12/07(金) 19:00開演(**:**開場) - B3

Koncertná sieň SF

B.マルティヌー : チェロ協奏曲第2番 H.304 / ルドヴィート・カンタ[Vc]
D.ショスタコーヴィチ : 交響曲第7番 ハ長調 レニングラード

スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団


カンタさんは金沢に15年根を下ろし、素晴らしい演奏を沢山のこし、紳士的な言動にはOEKの品位を形作る根本となっていらっしゃる。日本人と違う又ほかのスロヴァキア人の中でもかなり天衣無縫な傾向な人だが、(練習をあんまりしないとか)それを越えるあり余る才能を持っている。彼の生まれ育った町のオーケストラと彼の愛するかなりマイナーで難解なマルティヌーの作品はオーケストレーションに未完成と思われるような多分1945年という時代の荒波を被っているところがあり指揮者泣かせだ。楽員も一音を見失うとリカヴァーできなくなる作品だ。またショスタコの7番は激しい精神集中と、ダイナミクスの幅と内容の表現をよほどうまく保たないと無味乾燥な戦争音楽になり下がる。がんばれるだけ練習をやり、楽員さんの本番への意欲に賭けた。多分・・・あれ以上はあのオケでは無理。僕はこれで多分5回目の演奏だがもう体力と精神力が切れそうになり体調を壊しかけて書いている現在、まだ元に戻っていない。それでもこの1週間、時差をおして演奏した自分の意欲には頭が下がる(変な言い方だが)たった2回のコンサートのために来たブラチスラヴァは寒いにもかかわらずクリスマスの人々で町はごった返していた。冬に対する欧州の人々の抵抗力の有り様はナントでも経験したが体の肉の厚さがそのまんま影響しているとしか思えない。20年ぶりにほっつき歩いたウィーンでは郷古君と藤木君の温かい眼差しにも関わらず、死んでもヨーロッパには住みたくないとの意をまたもや強くした経験だった。寒いのキライ暗いのキライ。・・・・だからこそ憧れる面があるのが笑える。




121214.JPG日本フィル・ソニックシティ 「第九」演奏会

2012/12/14(金) 19:00開演

埼玉: 大宮ソニックシティ 大ホール

ベートーヴェン : 「コリオラン」序曲
ベートーヴェン : 交響曲第9番「合唱付」

ソプラノ:小川里美, アルト:小川明子
テノール:錦織健, バリトン:青山貴
合唱:埼玉第九合唱団
日本フィルハーモニー交響楽団

S¥7,000 A¥5,500 B¥4,000 Ys¥2,000(25歳以下対象/S席以外から選択)

大宮ソニックシティホール TEL: 048-647-7722






日本フィル第283回横浜定期演奏会

2012/12/15(土) 18:00開演(17:20開場)

神奈川: 横浜みなとみらいホール 大ホール

ベートーヴェン : 「コリオラン」序曲
ベートーヴェン : 交響曲第9番「合唱付」

ソプラノ:小川里美, アルト:小川明子
テノール:錦織健, バリトン:青山貴
合唱:東京音楽大学
日本フィルハーモニー交響楽団

S¥8,500 A¥7,500 B¥6,500 C¥5,500 P¥4,500(完売) Ys(25歳以下)¥3,500(25歳以下対象/S席以外から選択)

日本フィル・サービスセンター TEL: 03-5378-5911






日本フィル「第九交響曲」特別演奏会2012

2012/12/16(日) 14:30開演(14:00開場)

東京: 東京芸術劇場 コンサートホール

ベートーヴェン : 「コリオラン」序曲
ベートーヴェン : 交響曲第9番「合唱付」

ソプラノ:小川里美, アルト:小川明子
テノール:錦織健, バリトン:青山貴
合唱:日本フィルハーモニー協会合唱団
日本フィルハーモニー交響楽団

S¥8,500 A¥7,500 B¥6,500 C¥5,500 Ys(25歳以下)¥3,500(25歳以下対象/S席以外) Gs(65歳以上/S席以外)¥4,500*

日本フィル・サービスセンター TEL: 03-5378-5911






KEIBUN第九2012

2012/12/22(土) 17:00開演

滋賀: 滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 大ホール

ベートーヴェン : 「コリオラン」序曲
ベートーヴェン : 交響曲第9番「合唱付」

ソプラノ:小川里美, アルト:福原寿美枝
テノール:井ノ上了吏, バリトン:ジョン・ハオ
合唱:KEIBUN第九合唱団
大阪フィルハーモニー交響楽団

S席 6,000円 / A席 5,000円 / B席 4,000円 / C席 3,000円

しがぎん経済文化センター TEL: 077-526-0011






■FUJITSU TEN presents 第九コンサート2012

2012/12/23(日・祝) 17:00開演(16:00開場)

兵庫: 神戸国際会館 こくさいホール

ベートーヴェン : 「コリオラン」序曲
ベートーヴェン : 交響曲第9番「合唱付」

ソプラノ:小川里美, アルト:福原寿美枝
テノール:井ノ上了吏, バリトン:ジョン・ハオ
合唱:神戸国際会館合唱団 他
大阪フィルハーモニー交響楽団

S席 6,000円 / A席 5,000円 / B席 4,000円
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

神戸国際会館 TEL: 078-231-8162






121224.jpg■井上道義(指揮) 躍動の第九

2012/12/24(月) 15:00開演(14:00開場)

大阪: ザ・シンフォニーホール

ベートーヴェン : 「コリオラン」序曲
ベートーヴェン : 交響曲第9番「合唱付」

ソプラノ:小川里美, アルト:福原寿美枝
テノール:井ノ上了吏, バリトン:ジョン・ハオ
合唱:大阪フィルハーモニー合唱団
大阪フィルハーモニー交響楽団

A 6,000円 B 4,500円 C 3,000円

ABCチケットセンター TEL: 06-6453-6000


今年は6回のフル第九をやりました。                20年ほど前の京都市響時代は毎年こんな数字でしたが、第九はショスタコーヴィッチに勝るビートの連続のベートーベン、腕や肩にはかなりの負担なのだ。勿論指揮者の体力全体とそれを支える精神力、また、演奏者たち、すなわち毎回変わる合唱団と変わらない・・・ただの繰り返しになって欲しくないオーケストラの精神の居場所の違いの調整、歌い難いソロパートを与えられている歌手達への細かな要求や、彼らへ気持ちのサポートと、叱咤激励のバランスの難しさ、毎回変わるそれぞれのホールでの細かな音響バランス調整、色々な程度の合唱団への彼らの出来る最高の高みへの要求、それぞれのホールでのお客さんの祝祭的気分とベートーベンの音楽が要求する緊張力との拮抗作用の微妙なバランスへの配慮。温度の違い湿気の違い、これだけの事が1時間余りの間に200人以上の演奏者と2000人ほどのお客さんとの関わり合いの間に、降り注ぐ難曲なのだ。      
幸い、いろんな意味で最後のシンフォニーホールでのコンサートが今年は絶妙だったと思いますが、東京音楽大学の合唱とのみなとみらいも印象深く、(練習の時東京音大出身の小川里美は絶不調であった、本番でなんとか乗り越えたかと思え、その事も違った意味で忘れ難い)、寒風の中、歌手は風邪をひいてはいられない。

とはいえ、近ごろまた第九が参加者数、観客数共に復活の様子。今回はすべて完売であった。




121231.jpg■ジルベスターコンサート2012
喝采の大晦日

2012/12/31(月) 15:00開演(14:00開場)

神奈川: テアトロ・ジーリオ・ショウワ

《第1部》指揮:田中 演奏:テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ
モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」(全曲)

《第2部》指揮:井上 演奏:合同オーケストラ
ストラヴィンスキー:「春の祭典」より 第2部「生け贄の儀式」
ラヴェル:ボレロ

《第3部》指揮:井上 演奏:合同オーケストラ
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」より 第3,4楽章

指揮:井上道義、田中一嘉
ソプラノ:廣田美穂
アルト:吉田郁恵
テノール:小山陽二郎
バリトン:牧野正人
管弦楽:東京交響楽団、テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ
合唱:ジルベスター2012合唱団


S¥6,000 A¥4,500 B¥3,000

昭和音楽大学チケットセンター TEL: 044-953-9899


色々な作品の良いとこどりでお客さんも(僕も結構)楽しかったけど、僕は疲れ果てた。牧野さんが素晴らしかった。テトロジーリオショウワってなぜ全部カタカナなんだ。この辺りが日本でのオーケストラやクラシック音楽の受容の姿を現すと感じる。漢字は中国の歴史をしょっているし、アルファベットだと辛い。大国に挟まれて・・・・。韓国がハングルにした気持ちが判らない事もない現象だ。でもハングルだってオーケストラ名としてはなんだか変だな。とはいえ、翻って正月のロボット蝋人形のようなメストによるオンガクノミヤコ、ウィーンのオケも音も画面も端から端まで見えまくって金色で夢も希望もない画に描いたセレブの世界。・・・道義も早く作曲をやらなければと感じながら、ブランと珠世で富士山周辺で画に描いたような平和な正月をやったのでした。



OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...