復帰記者会見(2014.10.02)後記

2014.10.03

昨夜、芸術劇場大ホールで復帰記者会見をやることに決めたのは10日ほど前だが、70人ほどの音楽界関係者が来てくれた。
あそこで僕にできることは正直に自分の心の動きと体の状態を「バラす」こと。
歌舞伎役者や、大企業の社長のように、何かを隠して「表向きな顔で」と相対しても、みな、お見通しの人たちばかりだから。
音楽が重病人には役に立たないとか、ほんとうは音楽以外に何かをやっていきたいのだとか、人を馬鹿にしているように思われたら困ると思いながらも、本音トークで皆の前に身を投げてみた。

やっとここに来てこうしたくなったのは、沢山の人の「待っているよ」の文の力だと正直に言った。 寄せ書き、お手紙、はがきありがとう。最近やっと読んでいます。本当に辛い時に受け取ったものは実は目に入ってもそれどころでなく、スルーしていましたから。

1ヶ月前はもう全部捨てて100%隠居しようと思っていた・・・・のが体にエネルギーがもどってくると、心も多少前向きになってきた。そして今日の皆さんの激励の言葉の中でも、元新日本フィルの事務長の桑原さんの名スピーチは生涯忘れない!ありがとう。

車に轢かれて首に矯正を付けている人、胃癌で死にそうだったが今は大丈夫だという方なども来てくれた。
実は人間体中健康な人はまあいないはずだ。
弱い何かを支えるものが何なのかは人それぞれだが、結局は「愛」だと感じた1日だった。

疲れきってバタンと寝た。


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...