読響 第10回パルテノン名曲シリーズ

2018.06.03
パルテノン多摩 大ホール
午後 3時開演

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104 /宮田大[Vc]
ベートーヴェン:交響曲 第6番 ヘ長調 作品68「田園」

チケット: 一般 ¥4,800 親子ペア ¥5,800 学生 ¥2,000
演奏会お問い合わせ先: 読響チケットセンター TEL: 0570-00-4390(10時-18時・年中無休)

【道義より】

昨日の千葉は、読売日本交響楽団にとっては、遠い場所だったが、今日は、地元!
パルテノン多摩から遠くない、黒川駅の真ん前に練習場が出来て、さらに環境が
整ってきたこのオーケストラ。流石に今日は時間もあり、余裕ある音楽が生まれて、
振っていても歓びのある時が流れた。
田園はアンサンブル金沢でやってきた方式、すなわち小さな編成。そして後半に
初めてバンダのように、入場する村の楽隊のようなトランペット、トロンボーン、
ピッコロ、ティンパニー奏者。その舞台舞台した道義方式も今日は舞台への出方も
堂に入ってきて、お客さんにも自然に受け取られたと思う。
そこに至るまでの木管楽器、低音弦楽器奏者の人たちも今日は神経質な部分を
オブラートに隠して愉し気に自己表現の世界に、お客さんと共に・・・・そう、
かなり年齢層の高くなった多摩プラザ近辺のお客さんたちに、それこそ、
30年以上前、ここに町が新しく 作られたときの清新な空気を送って
あげたと思う。最近ヘトヘトのヒカル老指揮者も何故か元気があったし。
このホール今年の終わりから4年ほど改築のため閉じるという事。お客さんが
コンサートに来る癖を忘れてしまわないか、心配。楽屋で市長、阿部裕行さん
にお会いしたのだが、必ず良い方向にもっていってくれると希望と安心を感じた!


OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...