Voronezh young orchestra

2006.11.30
:
午後 7時開演

2006.11.30(木)

Stary Oskol

指揮: 井上道義
演奏: Voronezh young orchestra

吉松隆: 朱鷺によせる哀歌
外山雄三: 管弦楽のためのラプソディ
ショスタコーヴィチ: 交響曲第9番


11月26日より12月10日まで
ロシアショスタコーヴィッチ体験演奏旅行第3回。
汽車を乗り継ぎロシアの大地を体験しながら9番と15番などと、伊福部、メトネル、リストなど。
4公演。 ソレルチンスキー氏が同行。

【道義より】

とても深く心に残る経験。ショスタコの親友だったソレルチンスキーの息子がモスクワで合流し、
10時間一緒に寝台列車でお隣に寝ながらの旅。
人口100万の町の若いオーケストラ、僕が急病で練習が1日しか出来なかったが、自分たちで十分に練習をしていてくれた。ロストロポーヴィッチの名前を冠する音楽院もある。
演奏に行った隣町(人口50万)では民族舞踊と歌を聞かせてくれたがマリンスキーのコーラスの発声に原型を聴いたようであった。泊まったのはなんとサナトリウム!こぎれいな施設で社会主義の良い面を体験した。ただし食べ物・・・は。。。太りますよあれは!




OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」
ショスタコーヴィチの魂が疾走する! 井上道義の才気が炸裂する!これぞショスタコーヴィチの真髄!

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

OVCL00627.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

大阪フィルハーモニー交響楽団

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団