ルーマニア放送響 フランス国立ロワール管

2007.06.15

■ルーマニア放送響
2007/06/15(金)
ショスタコーヴィッチ交響曲4番
序奏とロンドカプリチオーソ
チゴイネルワイゼン

■フランス国立ロワール管 
2007/06/27(水)
ローマの泉
カルミナブラーナ

■フランス国立ロワール管
2007/06/29(金)
ローマの泉
カルミナブラーナ

【道義より】

ルーマニアに行く前の芸大の頃から持病の尿路結石が暴れだし飛行機の中では一人七転八倒。ブカレストでもホテルとコンサートホールしか覚えていない。4番は彼らも初演奏、もう30度を越す温度の中、背中の痛みを押して粘るジジイ指揮者のせいか、彼らもがんばってくれた。ソリストも丸い太った体でいかにも東欧の音楽で楽しかった。長く続く痛みに心配の余りに転げ込んだ新しい病院はまるで小型聖路加並みの設備。ただし富裕層向け(聖路加もか・・・)
フランスナント郊外でのコンサートは7000人入るスタジアムでの物。あのフォルジュルネノ発祥の地だけあっていっぱいのお客さん。今までにやってきた井上道義指揮目も楽しませるコンサートのノウハウが実を結んだと思う。照明と少しばかりのPAを使う。 
ソリストはブラチスラヴァから来たすばらしいテナーとバリトン。ソプラノは・・・。




91HbufYtBvL._SL1500_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲全集 at 日比谷公会堂
「今はショスタコーヴィチは僕自身だ!」と語る井上道義が、2007年に成し遂げた大偉業が遂にパッケージとなりました。

Schedule

1冊でわかるポケット教養シリーズ 指揮者の世界
第2章は井上道義の特別インタビュー「僕が指揮者になって、今も続けている理由」

古都のオーケストラ、世界へ!
──「オーケストラ・アンサンブル金沢」がひらく地方文化の未来

井上推薦! 「オーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーの持つ諸外国と日本の文化、そして個性のぶつかり合い──。互いを信じ合えたとき、本番は常に輝き、愛の表現と化す。」

91HbufYtBvL._SL1500_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲全集 at 日比谷公会堂

「今はショスタコーヴィチは僕自身だ!」と語る井上道義が、2007年に成し遂げた大...

61iTh9qI5UL.jpg

伊福部昭×井上道義 2016熱狂ライヴ「協奏四題」

井上道義 指揮 東京交響楽団 ...

71y585U50+L._SL1417_.jpg

ショスタコーヴィチ:交響曲 第7番 「レニングラード」

大阪フィルハーモニー交響楽団

ovcl_00563_h1_l.jpg

チャイコフスキー:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲

大阪フィルハーモニー交響楽団